スーパーGT ニュース

投稿日: 2017.05.03 22:15
更新日: 2017.05.03 22:24

ARTA NSX-GT スーパーGT第2戦富士 予選レポート


スーパーGT | ARTA NSX-GT スーパーGT第2戦富士 予選レポート

第2戦 富士スピードウェイ
セットは完璧では無かったが8番手

 開幕戦の岡山では、ポールポジションを獲りながらスタートを切ることができなかったが、ふたたびポールポジションを獲得すべくチームは富士に乗り込んだ。しかしながら、走り始めからリヤのグリップ不足に悩み、改善されるまでに時間を要してしまった。

 満足できる範囲ではなかったが、クルマのバランスは予選前までにある程度改善され、野尻がQ1のアタックに入っていった。野尻はまだ不安定なクルマをコントロールし、5番手でQ1を突破してみせた。

 続いてQ2は小林。小林は開幕戦で予選を走っていないので、500クラスの予選を走るのは久しぶりだった。その予選の感覚に慣れていなかったという小林は満足のいくアタックができず8番手でQ2を終えたが、午前のセッションで満足に走れていなかったことを考慮すれば、まずまずのパフォーマンスを出せたと言えるだろう。

 明日は長距離のレースになるので最後まで走り切り、ポイントを獲得したい。

鈴木亜久里監督のコメント

「午前のセッションではバランスが悪かったけど、ドライバー、エンジニア、メカニックが頑張ってくれたおかげで予選ではいいパフォーマンスを見せてくれたね。明日は長いレースになるけど、まずはトラブルに巻き込まれず、最後までキッチリ走り切りたいね」

「好調なレクサス勢に離されずに走ることができれば、いい結果が望めるんじゃないかな。集中力を切らさずに何とか食らいついていきたいね」

星学文エンジニアのコメント

「岡山では予選が良かったので、岡山のセットとシーズンオフの富士のテストの結果を合わせたセットで走り出しました。自分たちが狙っていたところよりもオーバーステアの傾向が強かったのでアジャストしていきました」

「セッション終盤には許容範囲内にまで到達しましたが、リヤが軽いフィーリングがあるので、Q1までにセットを見直しました。野尻は午前の問題は残っていたんですが、野尻の頑張りで何とかQ1を突破できたと思います」

「まだ症状が残っているのをセットで修正して小林にQ2を託しましたが、まだ症状が治りきっていないので明日までに再度見直したいと思います。明日はレクサス勢が速いのはわかっているので、離されないように戦略も含め準備していきたいです」

野尻智紀選手のコメント

「午前のセッションはリヤのグリップ不足に苦しみましたが、予選に向けては思い切ったセット変更を実施しました。思い切った変更とは言っても、把握できている範囲での変更だったので、それが良い方向へ向かいQ1を突破できたと思います」

「ホンダの中ではトップを獲ることができましたが、まだまだ課題をクリアできている訳ではないので、ひとつずつ解決していき明日までに準備したいと思います」

小林崇志選手のコメント

「前回まともにアタックできず、今シーズン初めての予選アタックになりました。自分自身乗り切れていない部分もあり、このような結果につながってしまったと思っています。そこは残念な気持ちと申し訳ない気持ちですが、明日はレースも長いので集中力を切らさず、最後まできっちり走って挽回したいと思います」


本日のレースクイーン

ジェームスガレージガールズ
岩波彩華(いわなみさやか)

スーパーGT Photo Ranking

フォトランキング