スーパーGT ニュース

投稿日: 2017.05.10 15:03
更新日: 2017.05.10 15:04

本山哲 スーパーGT第2戦富士 レースレポート


スーパーGT | 本山哲 スーパーGT第2戦富士 レースレポート

5月4日(木) 天候:晴れ 路面:ドライ 気温:19℃ 路面温度:29℃(決勝開始時)
■決勝結果:11位(109周)2h53’46.475(千代→本山→千代)

 前日に続き好天となった富士スピードウェイにはこの日、58,000人ものファンが詰めかけた。大歓声につつまれた中、500kmに及ぶ長丁場の第2戦決勝が午後2時5分にスタート。46号車「S-Road CRAFTSPORTS GT-R」は千代がスタートドライバーをつとめた。

 パレードラン、フォーメーションラップの後、ローリングスタートで戦いの火ぶたは切られた。各車クリーンなスタートを切ったレースは長丁場とありオープニングラップでの順位変動は少なかったが、そのなかで46号車はオープニングラップで1台をオーバーテイク。

 ポイント圏内へとまずは進出を果たす。しかしその後は9位と接近戦になるもオーバーテイクのチャンスは訪れず、こう着状態が続くことになった。

 このまま粘り強いレースを続ければ、いずれ上位に進出が果たせるものと思われた。だが14周目のオーバーテイクが黄旗区間にかかっていたことで、46号車にペナルティが課せられることに。ドライブスルーペナルティを遂行した後、46号車は14位へと後退。ポイント獲得はここで遠のいてしまった。

 37周に一度目のピットインを行い、ドライバーを本山に代えた46号車は、その直前に前の1台がトラブルに見舞われたことで第2スティントを13位からスタート。12位との差は大きかったが、レースはまだ70周以上残っている。本山哲は諦めることなく懸命にプッシュを続けた。

 だが第1スティントでのペースが思いのほか伸びなかったことでタイヤの種類を変更し臨んだものの好転はせず。それでも45周目に46号車は12位へと浮上した。

 75周目に2度目のピットインを行うと、12位で第3スティントをスタート。千代が最後のプッシュを行った。そして1台がペナルティを受けたことで46号車はスタート順位の11位へと復帰した後10位にあと8秒というところまで詰め寄ったが、ここでチェッカーとなり、惜しくもポイント獲得はならなかった。

●本山哲の決勝コメント

「予選の時よりも路面温度が高くなったせいか第1スティントのペースが良くなかったので、第2スティントでは違う種類のタイヤを選んだのですが、結果的にそれも今日のコンディションには合わなかったようです」

「また序盤にペナルティでラップダウンとなってしまったことで、車群に揉まれる中での第2スティント以降は順位を上げるのは難しかったですね。このレースでは着実にマシンのポテンシャルが本来の速さにアップデートしてきたことを確認できました」

「ただ予選、決勝を通して幾つかのミスが有ったのも事実なので、次戦に向けてはこういった細かい部分まできちんと修正して、マシンの性能を結果に結び付けられるようにドライバー、チーム一丸となってベストを尽くして戦います」

「ゴールデンウィークは各所で大渋滞のなか、サーキットで観戦してくれたファンの皆さんに感謝します。次のオートポリスも皆さん、応援よろしくお願いします!」


本日のレースクイーン

Arnage Lovely Cats
野原ゆな(のはらゆな)

スーパーGT Photo Ranking

フォトランキング