スーパーGT ニュース

2017.05.22

ポルシェ ジャパン スーパーGT第3戦オートポリス レースレポート


スーパーGT | ポルシェ ジャパン スーパーGT第3戦オートポリス レースレポート

プレスインフォメーション
2017年5月22日

D’station Porscheが7位で3戦連続ポイント獲得

スーパーGT GT300クラスで911 GT3Rが3戦連続入賞

日田市. ポルシェ ジャパン株式会社(本社:東京都港区 代表取締役社長:七五三木 敏幸)のドライビングアンバサダーを務める藤井誠暢が所属し、911 GT3Rで2017年のスーパーGT GT300クラスへ参戦するD’station Racing(#33)は、第3戦(オートポリス)の決勝において7位でフィニッシュし開幕戦から3戦連続のポイントを獲得しました。

2016年は平成28年熊本地震の影響で開催することができなかった大分県日田市のオートポリスにおけるスーパーGTだが、復興への一助となればと開催された2017年第3戦は、2日間合計で28,670名の観衆が訪れる賑わいをみせた。岡山での開幕戦はGULF NAC PORSCHE 911(#9)が、富士での第2戦ではD’station Porscheが表彰台を獲得している911 GT3 Rは、その勢いをこのラウンドでも維持すべく上位進出を目指した。

D'station Porsche
D’station Porsche
GULF NAC PORSCHE 911
GULF NAC PORSCHE 911

しかし、軽量でコーナリングに秀でるJAF−GT規定車両が優位なこのコースでは、5月20日(土)に行われた公式予選で2台ともになかなか思うようにタイムを上げることができなかった。D’station Porscheは今回からステアリングを握るアンドレ・クートが予選Q1でアタックしたものの、Q2進出はならず。16番手から決勝レースをスタートすることになった。

晴天に恵まれた5月21日(日)の決勝レースでは、D’station Porscheはクートがステアリングを握りスタート。序盤、他車のクラッシュによりセーフティカーが導入される波乱のレースのなか、クートは13周目、20周目にポジションアップ。26周を終えピットインし、藤井誠暢に交代する。

素早いピット作業の後にステアリングを引き継いだ藤井は、11番手でコースに復帰したが、レースに強い911 GT3 Rの特性を活かし、タイヤをマネージメントしつつ粘りの走りをみせる。前を走る#3 GT−Rとは中盤大きな差があったが、終盤に向けて背後に迫ると、5台による7番手争いに突入していった。

藤井はこのなかで、53周めに#5 86 MCをかわすと、56周目には#3 GT−R、#10 GT−Rをオーバーテイク。最後は7位にポジションを上げフィニッシュした。粘りの走りでポイント獲得を果たし、開幕戦からの連続ポイント記録を伸ばした。

一方、もう1台の911 GT3RでGT300クラスに参戦するGULF NAC PORSCHE 911(#9)は、予選で峰尾恭輔がアタックを担当し18番手からスタート。レースではジョノ・レスターがスタートドライバーを務め、D’station Porscheのすぐ後方につけて序盤戦を戦った。

31周後のピットインで峰尾に交代し、ふたたび上位をうかがう走りをみせたが、終盤フロントタイヤのグリップダウンの症状があり、完走をすべく61周目に2回目のピットイン。無事にレースを走り切って17位でチェッカーを受けた。

次のスーパーGTレース 第4戦は、7月23日に宮城県のスポーツランドSUGOで決勝レースが行われる予定になっている。

D'station Porsche
D’station Porsche
GULF NAC PORSCHE 911
GULF NAC PORSCHE 911

スーパーGT GT300クラス 2017年 第3戦 オートポリス 結果

1位 No.25 VivaC 86 MC(61周)
2位 No.61 SUBARU BRZ R&D SPORT(61周)
3位 No.55 ARTA BMW M6 GT3(61周)



7位 No.33 D’station Porsche(60周)
17位 No.9 GULF NAC PORSCHE 911(59周)

ポルシェ カスタマーケアセンター 0120-846-911
ポルシェ ホームページ http://www.porsche.com/japan/


スーパーGT News Ranking

本日のレースクイーン

レーシングミクサポーターズ2019
月愛きらら(かぐあきらら)

スーパーGT Photo Ranking

フォトランキング