スーパーGT ニュース

投稿日: 2017.08.27 11:13

スーパーGT:INGING & Arnage Racing 2017年第6戦鈴鹿 予選レポート


スーパーGT | スーパーGT:INGING & Arnage Racing 2017年第6戦鈴鹿 予選レポート

2017 SUPER GT
INGING MOTORSPORT
第6戦 鈴鹿サーキット レースレポート
◆8月26日(土)<予選>天候:曇り|コース状況:ドライ
#50 Ferrari 488 GT3 12位

真夏の3連戦を締めくくる「第46回インターナショナルSUZUKA 1000km」
Ferrari 488 GT3は、新田守男のドライビングにより2戦連続で予選Q1を突破し都筑晶裕が予選Q2で12位を獲得する。

 7月後半から約1ヶ月間で3連戦という過酷なスケジュールが組まれている2017年のAUTOBACS SUPER GTシリーズ。真夏の連戦の締めくくりとなる第6戦の「第46回インターナショナルSUZUKA 1000km」が鈴鹿サーキットで開催された。
 前戦の富士スピードウェイラウンドでは予選で10位を獲得したものの、決勝レースではタイヤの内圧が想定以上に上がったことなどが原因で本来のパフォーマンスを発揮できなかったFerrari 488 GT3。今戦の舞台となる鈴鹿サーキットは、6月末に実施された公式テストでもトップタイムをマークし相性の良さを確認している。

2017スーパーGT第6戦鈴鹿
12番手を獲得したFerrari 488 GT3

 第6戦のスケジュールは、8月26日(土)に公式練習と予選、27日(日)に1000kmの決勝レースがおこなわれる。まずは、9時20分から1時間45分に渡る練習走行が始められた。明け方からの通り雨によってコースがウエットコンディションとなったため、チームは路面が乾くのを待つことを決断。Ferrari 488 GT3は公式練習が始まって30分ほどはピットで待機する。その後、レコードラインが乾くのを確認してから、まずは新田守男がコースイン。持ち込みのセットアップを確かめるとともに、タイヤとマシンのマッチングなどを確認する。新田が8周を周回したところで、Ferrari 488 GT3のステアリングを都筑が握る。都筑は10周を周回し2分3秒302をマーク。結果として新田がマークした2分1秒773のタイムによって公式練習は26番手となった。


本日のレースクイーン

BUZZ Racing Lady
福江菜々華(ふくえななか)

スーパーGT Photo Ranking

フォトランキング