レースを愛してやまないファンの方々へ
autosport web Premiumが登場。

詳細を見る

スーパーGT ニュース

投稿日: 2017.08.28 12:09

スーパーGT:TOYOTA GAZOO Racing 2017年第6戦鈴鹿 レースレポート

レースを愛してやまないファンの方々へ
autosport web Premiumが登場。

詳細を見る


スーパーGT | スーパーGT:TOYOTA GAZOO Racing 2017年第6戦鈴鹿 レースレポート

◆決勝◆

 27日(日)は朝から快晴に恵まれた。午後12時30分、気温30度、路面温度47度という暑さの中、三重県警の白バイ、パトカーによる交通安全啓発パレードラップ、フォーメーションラップに続き、173周、1000kmの長いレースへのスタートが切られた。

 2番手グリッドの19号車は関口がスタートを担当し、序盤から激しい2位、3位争いを展開。

 43周目、接触からスピンした車両がコース上に止まってしまったため、セーフティカーが導入。レースが4分の1ほどを終えたところでのセーフティカー導入により、それまでのマージンは帳消しとなった。

 48周目に再スタートが切られ、55周目あたりから2度目のピットが開始されると、このチャンスを活かしたLEXUS勢が躍進。全車が2度目のピットを終えた時点で、3位の19号車だけでなく、14番手スタートの1号車が5位、10番手スタートの36号車が7位、11番手スタートの6号車が9位へとポジションアップ。1号車のコバライネンは、その後ペースの上がらない19号車もかわし、LEXUS勢最上位の4位へと浮上した。

 各所で展開される、激しい順位争いの中、タイヤのバーストやペナルティも続発する荒れたレースに。38号車はピット作業違反のペナルティを科され、順位を落としてしまった。

 全車が3度目のピットも終え、レースが折り返しを過ぎた95周目、プリウス31号車がクラッシュし、この日2度目のセーフティカー導入。

 このセーフティカーからの再スタート後も19号車、1号車がトップ5圏内でLEXUS勢を引っ張る形となったが、最後となる5度目のピットをやや早めに終え、追い上げを図った関口の19号車は、ピットに入っていない首位の車両に引っかかる形となり、狙い通りにペースが上げられず。全車が最後のピットを終えた時点で1号車がLEXUS勢最上位に浮上した。

 トップ車両のタイヤバーストにより3位へとポジションを上げた1号車の平手は、19号車をかわしてきたNSX-GT 100号車の猛追を受け、表彰台を賭けての、10周以上に渡るテール・トゥ・ノーズでの息の詰まるようなバトルを展開。

 レースは2回のセーフティカー導入の影響もあり、予定の173周ではなく、時間制限で午後6時28分を過ぎた時点で終了することとなった。1号車と100号車は毎周ブレーキングで共に白煙を上げるような激戦を繰り広げていたが、残り10分となったところで、1号車の平手はシケイン進入で僅かにはらんだ隙を突かれ、4位へと後退。

 1号車の平手は再逆転を狙い、アタックを続けたが、激しい攻防で予想以上に摩耗していたタイヤにより、デグナーカーブで曲がりきれずにクラッシュ。6時間にわたるレースの、残り2分でレースを終えることとなってしまった(13位完走扱い)。

 1号車の脱落により、LEXUS勢最上位は19号車に。こちらも関口がライバルからの猛追でバトルを繰り広げていたが、凌ぎきって4位でチェッカー。貴重な10ポイントを獲得した。

 8番手スタートから、序盤若干順位を落とした37号車がその後着実な走りで6位、6号車が7位。ペナルティや接触でポジションを落とす不運な展開となった36号車が9位、38号車が10位でポイント獲得を果たした。

レクサス勢最上位を獲得したWeds

 GT300クラスでは、5番手、6番手からスタートを切った2台のLEXUS RC F GT3が、ピットタイミングで何度か首位に立つなど、レースを通してトップ10圏内でのバトルを展開。2度に渡ってセーフティカーが導入され、タイヤバーストやペナルティが多発した荒れたレースで着実に周回を重ねた。

 終盤、60号車が最後までピットインを遅らせ、残り30分ほどの時点で最後のピットへ。8位を走行していた51号車の直前、7位でコースに復帰した。

 終盤、首位を争っていた車両がクラッシュ。その直後、4位を争っていた車両のコースアウトもあり、60号車は4位でフィニッシュ。51号車も6位でチェッカーを受け、2台揃ってのトップ6フィニッシュを果たした。

 プリウス勢は、15番手スタートの31号車が、序盤タイヤ選択が合わなかったために作戦を変え、一旦はポジションを落とすもハイペースでの追い上げを開始。上位を狙えるペースで周回を重ねていたが、プッシュを続けていた87周目にクラッシュ。無念のリタイアとなった。30号車は駆動系のトラブルに見舞われ113周でレースを終えた(24位完走扱い)。


関連のニュース