レースを愛してやまないファンの方々へ
autosport web Premiumが登場。

詳細を見る

スーパーGT ニュース

投稿日: 2016.03.10 18:11
更新日: 2016.03.10 23:22

スーパーGT鈴鹿メーカーテスト:午後もRAYBRIG NSX最速。タイムは1分45秒台中盤へ

レースを愛してやまないファンの方々へ
autosport web Premiumが登場。

詳細を見る


スーパーGT | スーパーGT鈴鹿メーカーテスト:午後もRAYBRIG NSX最速。タイムは1分45秒台中盤へ

3月10日、鈴鹿サーキットでスーパーGTのメーカーテスト1日目午後のセッションが行われ、午前に続きRAYBRIG NSX CONCEPT-GTがトップタイムをマークした。RAYBRIGのタイムは1分45秒485となっている。

かなり冷え込んだ1日目午後の鈴鹿メーカーテスト。午前中にトラブルに見舞われたGT300クラスのグッドスマイル 初音ミク AMGは、トラブルが修復できないとして午後のセッションがしばらく経ったところでマシンを撤収してしまった。そのため、午後は11台が走行している。

開始直後の14時10分には、このセッション唯一の赤旗が提示される。WedsSport ADVAN RC Fがスプーン立ち上がりでコースアウトを喫し、グラベルにストップ。午前もコースアウトがあったWedsSportだが、ダメージは小規模で、午前同様ふたたびコースに戻っている。

スーパーGT鈴鹿メーカーテストを走ったKEIHIN NSX CONCEPT-GT
スーパーGT鈴鹿メーカーテストを走ったKEIHIN NSX CONCEPT-GT

その後は順調に走行は推移し、午前同様ホンダNSXコンセプト-GT勢がトップ3を占める結果となった。100号車RAYBRIG NSX CONCEPT-GTがマークしたタイムは1分45秒485。昨年のこの季節の鈴鹿テストでも45秒台は出ていたが、それでも素晴らしいタイムと言えるだろう。

スーパーGT鈴鹿メーカーテストを走ったディレクション・レーシングのランボルギーニ・ウラカンGT3
スーパーGT鈴鹿メーカーテストを走ったディレクション・レーシングのランボルギーニ・ウラカンGT3

GT300クラスでは、午後はディレクション・レーシングの63号車ランボルギーニ・ウラカンGT3がトップタイム。午前はJLOC、午後はディレクションが首位と、ウラカンが好調の様子。また、ヨルグ・ミューラーが日本での初ドライブを果たしたStudie BMW M6も2番手につけているが、これらのGT3勢はまだセットアップも本格的ではない状況なので、今後のタイムアップも期待できそうだ。

スーパーGTのメーカーテストは11日も行われる予定だ。

2016 スーパーGT鈴鹿メーカーテスト 3/10 PMタイム

PosClassNoCar NameTime
1GT500100RAYBRIG NSX CONCEPT-GT1'45"485
2GT50017KEIHIN NSX CONCEPT-GT1'45"661
3GT50015ドラゴ モデューロ NSX CONCEPT-GT1'46"653
4GT50024フォーラムエンジニアリングADVAN GT-R1'47"653
5GT50019WedsSport ADVAN RC F1'48"116
6GT30063DIRECTION RACING1'57"025
7GT3007Studie BMW M61'57"483
8GT30088マネパ ランボルギーニ GT31'57"513
9GT30018UPGARAGE BANDOH 861'58"000
10GT30030TOYOTA PRIUS apr GT1'59"509
GT3004グッドスマイル 初音ミク AMGNo Time

関連のニュース