レースを愛してやまないファンの方々へ
autosport web Premiumが登場。

詳細を見る

スーパーGT ニュース

投稿日: 2016.03.11 19:34
更新日: 2016.03.12 17:27

スーパーGT鈴鹿メーカーテスト:2日目午後はKEIHIN NSXが最速でテストを締めくくる

レースを愛してやまないファンの方々へ
autosport web Premiumが登場。

詳細を見る


スーパーGT | スーパーGT鈴鹿メーカーテスト:2日目午後はKEIHIN NSXが最速でテストを締めくくる

 鈴鹿サーキットで11日まで行われているスーパーGTのメーカーテストは、2日目午後のセッションが行われ、KEIHIN NSX CONCEPT-GTがベストタイムをマークした。2日間での最速はRAYBRIG NSX CONCEPT-GTの1分45秒485となっている。

 2日間に渡って行われてきたスーパーGTのメーカーテストもこの日が最終日。午前に続き晴天の下で14時から2時間のセッションが行われた。各車ピットイン〜アウトを繰り返しながら周回を重ねていったが、2日目は時折スピンやコースアウトがあったものの、大きなクラッシュ等はなく、赤旗は午前に1回のみだった。

 今回のテストでは、RAYBRIG NSX CONCEPT-GTが好調なタイムをマークし続けていたが、最後のセッションでベストタイムをマークしたのは、今季小暮卓史が加入したKEIHIN NSX CONCEPT-GT。1分45秒871というタイムで、この日の最速となった。2番手にはフォーラムエンジニアリング ADVAN GT-Rがつけ、この2台のみが45秒台となっている。

16スーパーGT鈴鹿メーカーテスト フォーラムエンジニアリング ADVAN GT-R
16スーパーGT鈴鹿メーカーテスト フォーラムエンジニアリング ADVAN GT-R
 GT300クラスは、ディレクション・レーシングのランボルギーニ・ウラカンGT3がベストタイムをマークした。2番手はJLOCの88号車ウラカン。JLOCはこの鈴鹿で87号車のシェイクダウンも済ませ、岡山の公式テストに向け着々と準備を進めている様子だ。

16スーパーGT鈴鹿メーカーテスト JLOCの87号車ランボルギーニ・ウラカンGT3
16スーパーGT鈴鹿メーカーテスト JLOCの87号車ランボルギーニ・ウラカンGT3
 ストレートスピードの速さについて両チームに聞くと、ウラカン勢はまだリストリクターを装着していないとのこと。ただ、空力面でもかなりメリットがある様子。また、フォーミュラのようにハンドリングもクイックで、かつトルクフルで加速も良いとのこと。また、何よりこの3台はこれまでトラブルらしいトラブルが出ていない。昨年ブランパン耐久シリーズでテスト参戦し熟成されているようで、ウラカン勢は今季注目の存在かもしれない。

 トラブルという面では、初日にトラブルに見舞われたグッドスマイル 初音ミク AMG以外GT300勢は大きなアクシデントやトラブルなく2日間のセッションを終えている。今後GT3の新車、プリウス勢がセットアップを本格化させどうポテンシャルを上げるのか、開幕までの2回の公式テストは注目を集めそうだ。

2016 スーパーGT鈴鹿メーカーテスト 3/11 PMタイム

PosClassNoCar NameTime
1GT50017KEIHIN NSX CONCEPT-GT1'45"871
2GT50024フォーラムエンジニアリングADVAN GT-R1'45"936
3GT50015ドラゴ モデューロ NSX CONCEPT-GT1'46"564
4GT50019WedsSport ADVAN RC F1'46"632
5GT500100RAYBRIG NSX CONCEPT-GT1'47"612
6GT30063DIRECTION RACING1'56"666
7GT30088マネパ ランボルギーニ GT31'57"060
8GT30018UPGARAGE BANDOH 861'57"336
9GT3007Studie BMW M61'57"440
10GT30087triple a ランボルギーニ GT31'58"428
11GT30030TOYOTA PRIUS apr GT1'59"942
GT3004グッドスマイル 初音ミク AMGNo Time

関連のニュース