スーパーGT ニュース

投稿日: 2016.07.29 22:29

山田真之亮 スーパーGT第4戦SUGO レースレポート


スーパーGT | 山田真之亮 スーパーGT第4戦SUGO レースレポート

2016年7月29日

山田真之亮 PRESS RELEASE

ルーキー山田真之亮が SUPER GT で受けた洗礼と試練、
得意なSUGOでクラッシュ、悔しいリタイヤに終わる。

 7月23日~24日、宮城県、スポーツランドSUGOにてSUPER GT第4戦、「2016 AUTOBACS SUPER GT SUGO GT 300km RACE」が開催されました。TEAM UP GARAGE with BANDOHから参戦する山田真之亮は、このレースに大きな期待と自信を持って臨みました。

 第3戦のオートポリス大会がキャンセルされ、そのインターバルの6月18日~19日にスポーツランドSUGOにて開催されたSUPER GT合同テストに参加した山田真之亮は、ルーキーでありながら最終日、GT300クラスで最速タイムをマークしていたからです。

 TEAM UP GARAGE with BANDOHは土曜日の午前中に行なわれたフリー走行でも順調な仕上がりを見せ、チームのエースドライバー、中山友貴選手がまずはステアリングを握り、15周。セットアップの方向性が間違っていないことを確認し、山田真之亮に交代。山田は決勝に向けたロングスティントで28周をクリア。山田真之亮が26周目に刻んだ1分18秒691がベストタイムとなり、朝のフリー走行はトップと0秒099差の3番手で終えました。

 午後の予選、今回のQ1アタッカーは山田真之亮です。出走28台中、上位14位以内に入ることがQ2進出への条件だけに、ルーキー山田には責任重大です。

 しかし、そのプレッシャーを跳ね除け、1分18秒998をマークして、9番手で通過。しっかりとバトンを先輩に渡しました。

 Q2では中山友貴選手が一時はトップタイムをマークし、ベテランらしい落ち着いたアタックを決めて最終的には4位で予選を終え、山田真之亮とともに初優勝を狙えるポジションでのスタートとなりました。

 前夜降った雨は朝にはあがったのですが、再び小雨が降り出し、決勝、朝のフリー走行は、ウェット路面での走行となりました。このセッションは中山友貴選手がウェットタイヤの感触を確認しながら走行し、決勝の状況に応じた適切なタイヤ選びができるように準備を整え9周。山田真之亮はドライバー交代をしてコースインし、1周を終えたところでチェッカーとなりました。


本日のレースクイーン

TEAM GOH Models
神﨑沙穏(かんざきさおん)

スーパーGT Photo Ranking

フォトランキング