スーパーGT ニュース

投稿日: 2018.05.23 23:08
更新日: 2018.05.23 23:13

Audi Team Hitotsuyama 2018スーパーGT第3戦鈴鹿 レースレポート


スーパーGT | Audi Team Hitotsuyama 2018スーパーGT第3戦鈴鹿 レースレポート

Audi Team Hitotsuyama
Press release – 2018.0522 – 004

Race Report

2018 AUTOBACS SUPER GT
Round-3 / SUZUKA GT 300km -FAN FESTIVAL-

タイヤバーストにより表彰台のチャンスを逃す

 Audi Team Hitotsuyamaは、2018年5月19日、20日、三重県の鈴鹿サーキットで開催されたSUPER GT第3戦「SUZUKA GT 300km RACE -FAN FESTIVAL-」に出場しました。

 レース前半には好調な走りで表彰台が確実視されていたHitotsuyama Audi R8 LMSでしたが、タイヤバーストにより、大幅にタイムロス。完走はできたものの、とても悔しい結果に終わりました。

▱予選
 長らく8月に「鈴鹿1000km」として開催されていたSUPER GT鈴鹿ラウンドが、時期を早め、装いも新たに「SUZUKA GT 300km RACE -FAN FESTIVAL-」に生まれ変わりました。この新しい鈴鹿大会に、Audi Team Hitotsuyamaのリチャード・ライアンと富田竜一郎が表彰台を目指して臨みました。

 予選が行われた5月19日は、上空に青空が広がったものの、非常に強い風が吹き荒れる肌寒い1日に なりました。予選に先立ち、午前9時から行われた公式練習では、21号車のHitotsuyama Audi R8 LMSは思うようにタイムが上がらず、14番手でセッションを終えることになります。

 ドライバーから「いつものようなフィーリングがない」との訴えがあったチームは、予選が始まるまで慌ただしく準備を続けることになります。そのかいあって、午後2時35分にスタートしたノックアウト方式の予選ではマシンの違和感も解消していました。

 Q1を担当したライアンは、1分57秒531の9番手タイムで、難なくQ2に進出。Q2に臨んだ富田は1分 57秒079で9番手というポジションとなりましたが、途中のミスがなければ4〜5番手のタイムが期待できるほど、マシンも走りもうまくまとまり、決勝に向けてチームの士気は高まっていきました。

予選結果
P1 #96 K-tune RC F GT3 新田守男/中山雄一
P2 #25 HOPPY 86 MC 松井孝允/坪井 翔
P3 #0 グッドスマイル 初音ミク AMG 谷口信輝/片岡龍也
P9 #21 Hitotsuyama Audi R8 LMS リチャード・ライアン/富田竜一郎

リチャード・ライアン
富田竜一郎
Hitotsuyama Audi R8 LMS


本日のレースクイーン

BPR SOUL ANGEL
REIKA(れいか)

スーパーGT Photo Ranking

フォトランキング