スーパーGT ニュース

投稿日: 2018.05.07 18:58

Audi Team Hitotsuyama 2018スーパーGT第2戦富士 レースレポート


スーパーGT | Audi Team Hitotsuyama 2018スーパーGT第2戦富士 レースレポート

Audi Team Hitotsuyama

Press release – 2018.0507 – 003
7/5/2018

Race Report

2018 AUTOBACS SUPER GT
Round-2 / FUJI GT 500km RACE

17番手スタートから今年初の入賞を果たす

 Audi Team Hitotsuyamaは、2018年5月3日、4日、静岡県の富士スピードウェイで開催されたSUPER GT第2戦「FUJI GT 500km RACE」に出場しました。開幕戦の岡山ではマシントラブルによりリタイヤを喫しただけに、なんとしてもポイントを獲得したいと臨んだ富士で、10位入賞を果たすことができました。

▱ 予選

 500kmの長距離で行われる第2戦は、第3ドライバーの登録が認められています。Audi Team Hitot-suyamaはレギュラーのリチャード・ライアンと富田竜一郎に加えて、篠原拓朗の3名体制でこの富士のレースに臨みました。

 5月3日、前夜からの雨は止んだものの、朝から深い霧に包まれた富士スピードウェイでは、午前中に予定されていた公式練習が視界不良のため中止になり、急遽、予選前に30分間の公式練習が設けられることに。その影響で、GT300クラスの公式予選は開始時間が14時45分に変更され、さらに、Q1、Q2の2段階で行われるノックアウト方式から、20分間の1ステージ制になりました。

 Audi Team Hitotsuyamaは、ライアンがアタックを担当し、セッション後半に叩き出した1分37秒011で8番手のポジションに。ところが、この周回に4輪脱輪があったことからベストタイムが抹消、セッション前半にマークしたセカンドベストの1分37秒644により17番グリッドからのスタートとなってしまいます。「力(りき)みすぎて、レクサスコーナーのアウト側まで使ってしまったということで、ちょっと残念な結果でした。しかし、ポールポジションを獲得したBMW M6 GT3のコンマ5秒落ちというタイムには満足しています。BMWはここ富士では無敵ともいえる速さを持つマシンですから」と、チーム代表の一ツ山亮次は語っています。

予選結果
P1 #55 ARTA BMW M6 GT3 高木真一/ショーン・ウォーキンショー
P2 #61 SUBARU BRZ R&D SPORT 井口卓人/山内英輝
P3 #65 LEON CVSTOS AMG 黒澤治樹/蒲生尚弥
P17 #21 Hitotsuyama Audi R8 LMS リチャード・ライアン/富田竜一郎/篠原拓朗

Hitotsuyama Audi R8 LMS
リチャード・ライアン
富田竜一郎