スーパーGT ニュース

投稿日: 2019.03.01 11:31
更新日: 2019.03.01 11:33

ブリヂストン、四輪と二輪の2019年モータースポーツ活動計画をアナウンス


スーパーGT | ブリヂストン、四輪と二輪の2019年モータースポーツ活動計画をアナウンス

2019年2月28日
プレスリリース

2019年ブリヂストンモータースポーツ活動計画

 株式会社ブリヂストンは、2019年のモータースポーツ活動計画を決定しました。
4輪レースでは主にPOTENZAブランド、2輪レースでは主にBATTLAXブランドのタイヤで、トップカテゴリーレースからアマチュアドライバーによる参加型レースまで、国内外の様々なモータースポーツをサポートしていきます※1。

 2018年は、4輪レースのSUPER GTで5年振りにGT500とGT300の両クラスで当社タイヤ使用チームがシリーズチャンピオンを獲得、世界最高峰の2輪耐久レース、FIM※2世界耐久選手権においても、参戦2年目にして当社タイヤ使用チームがシリーズチャンピオンを獲得しました。
 
 2019年もこれらのレースに加えて、2輪の全日本ロードレースや鈴鹿8時間耐久ロードレース、当社グループが2025年までオフィシャルタイヤサプライヤーを継続し、Firestoneブランドタイヤの独占供給が今年で20年目を迎える北米のNTTインディカー・シリーズなど、トップカテゴリーレースへのタイヤ供給を通じて、タイヤの技術力向上を推進します。

 また、日本国内で行われるTOYOTA GAZOO Racing 86/BRZ Race、ロードスター・パーティレースIII、ジムカーナやカート、毎年20万人以上の観客を集めるドイツのニュルブルクリンク24時間耐久レースなどの参加型のモータースポーツにおいてもタイヤ供給を通じて、多くの方に「走る楽しさ」を提供していきます。

 当社は、2019年も車両メーカー、その他関係者の皆さまと共に「楽しいクルマ・バイク社会づくり」、「モータースポーツの発展」に取り組んでいきます。

※1:ブリヂストンモータースポーツウェブサイトで、各レースのタイヤの特徴やレースレポート等をご紹介しています。
※2:FIM 国際モーターサイクリズム連盟(Fédération Internationale de Motocyclisme)の略称

【4輪レース】

1.スーパーGT
・国内で随一の人気を誇るトップカテゴリーレースで、国内外のタイヤメーカーがタイヤを供給しており、当社もタイヤ開発の技術を磨く場として注力しています。

・2018年は、GT500、GT300の両クラスで当社タイヤ使用チームがシリーズチャンピオンを獲得しました。2019年は、GT500クラスは9チーム、GT300クラスでは5チームにタイヤを供給します。

■スーパーGT GT500&GT300クラス/タイヤ:POTENZA RACING TIRE

ClassTeamDriverMachine
GT500LEXUS TEAM LEMANS WAKO’S大嶋和也
山下健太
WAKO’S 4CR LC500
GT500LEXUS TEAM au TOM’S中嶋一貴
関口雄飛
au TOM’S LC500
GT500LEXUS TEAM KeePer TOM’S平川亮
ニック・キャシディ
KeePer TOM’S LC500
GT500LEXUS TEAM ZENT CERUMO立川祐路
石浦宏明
ZENT CERUMO LC500
GT500LEXUS TEAM SARDヘイキ・コバライネン
中山雄一
DENSO KOBELCO SARD LC500
GT500TEAM IMPUL佐々木大樹
ジェームス・ロシター
カルソニック IMPUL GT-R
GT500TEAM KUNIMITSU山本尚貴
ジェンソン・バトン
RAYBRIG NSX-GT
GT500ARTA野尻智紀
伊沢拓也
ARTA NSX-GT
GT500KEIHIN REAL RACING塚越広大
ベルトラン・バゲット
KEIHIN NSX-GT
GT300apr嵯峨宏紀
中山友貴
TOYOTA GR SPORT PRIUS PHV apr GT
GT300埼玉トヨペットGreen Brave脇坂薫一
吉田広樹
埼玉トヨペットGB マークX MC
GT300ARTA高木真一
福住仁嶺
ARTA NSX GT3
GT300K2 R&D LEON RACING黒澤治樹
蒲生尚弥
LEON PYRAMID AMG
GT300K-tunes Racing新田守男
阪口晴南
K-tunes RC F GT3

2.CIK-FIA選手権(世界・欧州選手権)・全日本カート選手権
・将来有望な若手レーサーを育成するカテゴリーです。

・2019年もCIK-FIA世界選手権・欧州選手権のKZクラスとKZ2クラス、育成クラスであるアカデミークラスにワンメイクでタイヤを供給します。全日本カート選手権OKクラスでも多くのチーム・ドライバーをサポートします。

■全日本カート選手権 OKクラス/タイヤ:BRIDGESTONE RACING KART TIRE

ClassTeamDriver
OKクラスTONYKART RACING TEAM JAPAN佐々木大樹
OKクラスTONYKART RACING TEAM JAPAN高橋悠之
OKクラスTONYKART RACING TEAM JAPAN宮下源都
OKクラスINTREPID JAPAN CORSE水野皓希
OKクラスINTREPID JAPAN CORSE佐藤凌音
OKクラスFA-KART RACING TEAM伊藤琢磨

スーパーGT News Ranking

本日のレースクイーン

エヴァンゲリオンレーシングRQ2019
橘香恋(たちばなかれん)

スーパーGT Photo Ranking

フォトランキング