スーパーGT ニュース

投稿日: 2019.11.06 09:11
更新日: 2019.11.06 20:51

ニッサン 2019スーパーGT第8戦もてぎ レースレポート


スーパーGT | ニッサン 2019スーパーGT第8戦もてぎ レースレポート

MOTUL AUTECH GT-Rが8位フィニッシュでシリーズ3位獲得

 

GT300クラスはGAINER TANAX GT-Rがシーズン2勝目でシリーズ3位に

スーパーGT 2019第8戦レースレポート
11月3日 ツインリンクもてぎ

【GT500クラス】

 スーパーGT第8戦『MOTEGI GT 250km RACE』の決勝レースが11月3日に行われ、予選3番手からスタートした#23 MOTUL AUTECH GT-R(松田次生/ロニー・クインタレッリ)が8位でフィニッシュ。シリーズランキング3位で2019シーズンを終えました。

 レースウイークに入る前は、お昼ごろに雨が降る予報も出ていた決勝日でしたが、朝から雲はかかっていたものの、雨粒が落ちてくるような気配はなく、ドライコンディションでウォームアップ、スタート進行と進んでいきました。

 決勝レースは13時30分にスタート。クインタレッリがスタートドライバーを務めた#23 GT-Rは、スタート直後の1コーナーで前を走る#6 LC500をオーバーテイクし2番手に浮上。しかし、GT300クラスの車両がバックマーカーとして現れてきた5周目に、#37 LC500、#17 NSXの2台にかわされ4番手に後退しました。
 
 クインタレッリは懸命なドライブを続けましたが、ペースが上がらず苦しい周回が続きます。19周を終えるところでピットへ向かうと、松田にドライバー交代し、タイヤ交換を済ませると、暫定9番手でレースに復帰しました。
 
 その後、一時7番手まで順位を取り戻したものの、最終的には8位でチェッカーを受けました。#23 GT-Rはこの結果でシリーズポイントを3ポイント追加。ランキング3位で2019シーズンを締めくくりました。

 予選12位からスタートした#24 リアライズコーポレーション ADVAN GT-R(高星明誠/ヤン・マーデンボロー)は、スタートドライバーのマーデンボローが9番手までポジションアップに成功。20周を終えて高星にドライバー交代すると、レース後半は同じヨコハマタイヤユーザーの#16 NSXと激しい接近戦を展開し、10位でチェッカーを受けました。
 
 前日にエンジン交換して最後尾スタートとなった#12 カルソニック IMPUL GT-R(佐々木大樹/ジェームス・ロシター)は佐々木がスタートドライバー。3周目に、2基を超えたエンジン交換に対するペナルティとして課された、15秒のペナルティストップを消化し、再びコースへと戻っていきました。
 
 前のマシンとのギャップを縮めるべく猛プッシュしましたが、14周目にエンジントラブルが発生し、130Rのコースサイドに車両を止め、ここでレースを終えることになりました。10番グリッドを確保していた#3 CRAFTSPORTS MOTUL GT-R(平手晃平/フレデリック・マコヴィッキ)は、ウォームアップ中にエンジントラブルが発生し、決勝レースへの出走はかないませんでした。

■コメント


スーパーGT News Ranking

本日のレースクイーン

2019 KOBELCO GIRLS
中村比菜(なかむらひな)

スーパーGT Photo Ranking

フォトランキング