スーパーGT ニュース

投稿日: 2020.08.11 15:26
更新日: 2020.08.11 15:29

R&D SPORT 2020スーパーGT第2戦富士 レースレポート


スーパーGT | R&D SPORT 2020スーパーGT第2戦富士 レースレポート

REPORT
第2戦 富士スピードウェイ

予選順位:4番手
決勝順位:2位
Team Ranking:7位
Driver Ranking:4位

RACE REPORT
2020.08.09 - スーパーGT第2戦 富士スピードウェイ・決勝

SUBARU BRZ GT300 富士で2位表彰台に上がる

 2020年スーパーGTシリーズ第2戦『たかのこのホテル FUJI GT 300km RACE』決勝レースが、8月9日(日)に行なわれました。

 真夏の300km耐久レースですが、富士スピードウェイはどんよりとした曇り。時々日差しがあるドライ路面で決勝レースはスタートしました。SUBARU BRZ GT300は予選4位、2列目からのスタートです。ドライバーは山内英輝がステアリングを握り300km66周で競いました。

 山内はスタート直後のコカ・コーラコーナーで55号車を捉え、3番手で1周目は戻ってきます。続く4周目のセクター3で2号車も捉えて2番手に浮上。この時、トップの6号車とは1.280秒離れていますが、山内は徐々に差を詰め、10周目にダンロップコーナーで6号車を捉え、ついにトップに立ちました。この時、2号車も6号車を交わして2番手に浮上しています。

 山内は順調に周回を重ね2番手の2号車を引き離しにかかりますが、差は広がらずつねに0.5秒前後の差で追走されます。チームはタイヤの摩耗を考慮し25周を終えたところでピットインさせ、井口卓人に交代します。

 ピット作業はひとつのミスもなく井口を送り出すことができましたが、リードは消え、2号車に再逆転されてしまいます。井口も3秒から4秒前を行く2号車がつねに視界に入るだけに必死に追走しますが、追いつくことはできず、2位でチェッカーを受けました。

 国内随一の長い直線がある富士スピードウェイでは、最高速度の影響も大きくSUBARU BRZ GT300には厳しいコースです。しかし2019年のシーズンオフから取り組んだ改良により、2016年の3位、2017年の4位入賞以来の2位表彰台を獲得することができました。

■コメント

井口卓人
「ピットの遅れを取り戻そうと頑張ったんですけど、向こうも速くて届かなかったですね。でも2位の結果はいいと思います。富士ではこのところ成績が残せてなかったので。今年はウエイトハンディのルールが変わったので、勝てるときに勝たないととは思ったのですが届きませんでした」

山内英輝
「2位の結果は悪くないんですけど、優勝が見えていただけに悔しさのほうが今は強いです。あともう一歩なんですけどね。ピットストップの不利は軽減されてますが、それでもまだ3、4秒は時間が余計にかかるので仕方ないのですが」

渋谷真総 監督
「まずは完走できたことと2位表彰台は良い結果だと思います。ピット作業もドライバーも全員ミスなくいいレースができたと思っています。ただ、ピットでの給油時間がかかるのは、燃費の違いが影響していて、給油量の差がそのままタイムに現れたカタチになってしまいました」

「次回は45kgのウエイトハンディを背負いますので、得意な鈴鹿とはいえ、厳しいレースが予想されます。できるだけ高ポイントが稼げるように狙っていきたいと思いますので、応援よろしくお願いいたします」

 次戦のスーパーGT第3戦は8月22日(土)、23日(日)に三重県の鈴鹿サーキットで開催されます。SUBARU BRZ GT300が得意にするコースのひとつですので、好成績を期待します。どうぞ応援よろしくお願いいたします。

SUBARU BRZ R&D SPORT(井口卓人/山内英輝)
SUBARU BRZ R&D SPORT(井口卓人/山内英輝)
SUBARU BRZ R&D SPORT(井口卓人/山内英輝)
SUBARU BRZ R&D SPORT(井口卓人/山内英輝)


関連のニュース

本日のレースクイーン


西野咲(にしのさき)

スーパーGT Photo Ranking

フォトランキング