スーパーGT ニュース[PR]

投稿日: 2020.08.20 11:00
更新日: 2020.08.20 12:14

【今、振り返るGT500マシンの歴史/ホンダ編】NSX-GT──得意の鈴鹿、FRレイアウトで新しい伝説へ


スーパーGT | 【今、振り返るGT500マシンの歴史/ホンダ編】NSX-GT──得意の鈴鹿、FRレイアウトで新しい伝説へ

「1分49秒842」

 2007年当時としてはセンセーショナルだった、鈴鹿サーキットでのGT500クラスのレコードタイム。長きにわたって破るのは難しいとされていた「1分50秒の壁」をシーズン開幕戦でブレイクしたのは、伊藤大輔が駆るホンダNSX-GTだった。この年、伊藤とラルフ・ファーマンは年間3勝を挙げ、スーパーGT GT500クラスのタイトルを獲得。NSX-GTがもっとも輝きを見せた1年だった。


本日のレースクイーン

カルソニックレディ
荒町紗耶香(あらまちさやか)