スーパーGT ニュース

投稿日: 2016.11.13 09:52
更新日: 2016.11.13 12:18

スーパーGTもてぎ:最終戦予選、GT300は31号車プリウスが最終アタックで逆転PP


スーパーGT | スーパーGTもてぎ:最終戦予選、GT300は31号車プリウスが最終アタックで逆転PP

 2016年のスーパーGT第8戦公式予選が13日、ツインリンクもてぎで行われ、GT300クラスはTOYOTA PRIUS apr GTがコースレコードを更新してポールポジションを獲得した。

 朝から快晴に恵まれたもてぎ。気温11℃、路面温度14℃というコンディションでGT300の公式予選はスタートした。

 このセッションに参加した車両は28台。前日の第3戦決勝でクラッシュしたARTA BMW M6 GT3はマシン修復が間に合わず、出走を断念している。

 ドライコンディションとはいえ、まだまだ路面温度も低く、ほぼ全車がセッション開始とともにコースインをしていくなか、B-MAX NDDP GT-Rのヤン・マーデンボロー、Hitotsuyama Audi R8 LMSの藤井誠暢はライバルよりタイミングを遅らせてコースへと入っていった。

 まずはグッドスマイル初音ミクAMGから計測開始。谷口信輝のたたき出した1分47秒729がターゲットタイムとなるが、谷口は2周連続アタックで、1分46秒961までタイムを縮めてコースレコードを更新。トップタイムをキープする。

 しばらくは初音ミクAMGのトップタイムは揺るがずセッションは推移。残り時間が5分を切ったところでLEON CVSTOS AMG-GTの蒲生尚弥が1分46秒830で初音ミクAMGを上回りトップに浮上した。

 このままメルセデス勢のフロントロウが決まったかに思われたが、チェッカーまで残り20秒でコントロールラインを通過した31号車プリウスが、1分46秒760で逆転し、ポールポジションを獲得した。

 最後の最後に逆転を許したLEON SLSが2番手、続く3番手グリッドには第3戦で今季初表彰台を獲得したマネパ ランボルギーニ GT3がつける。以下、GULF NAC PORSCHE 911、初音ミクAMGとFIA GT勢が続き、ランキング首位のVivaC 86 MCは6番手につけている。

 土曜日の第3戦決勝で優勝し、ランキングで2位に上がったHitotsuyama Audiは8番手。一方、同ポイントでランキング2位のB-MAX NDDP GT-Rは14番手と、昨日同様後方グリッドとなっている。

 今季最終戦となる第8戦決勝レースは、このあと13時30分にスタートする。


関連のニュース

本日のレースクイーン

レーシングミクサポーターズ
月愛きらら(かぐあきらら)

スーパーGT Photo Ranking

フォトランキング