スーパーGT ニュース

投稿日: 2016.04.12 16:20
更新日: 2016.04.12 17:35

SUBARU BRZ GT300「まだタイヤを使い切れていない」


スーパーGT | SUBARU BRZ GT300「まだタイヤを使い切れていない」

2016.04.10 – SUPER GT第1戦 岡山ラウンド・決勝
SUBARU BRZ GT300は23位完走

4月10日(日)、岡山県美作市にある岡山国際サーキットで、SUPER GT第1戦「OKAYAMA GT 300km RACE」が行われました。SUBARU BRZ GT300(井口卓人/山内英輝)は4番グリッドからスタートし、粘り強い走りを見せ、23位で完走を果たしました。
フリー走行で2番手タイム

9時からのフリー走行は気温14℃、路面温度17℃というコンディションで行われました。薄曇りの空のもと、各車一斉にコースイン。SUBARU BRZ GT300は1分28秒113というタイムを刻み、クラストップと0.131秒差の2番手でセッションを終えました。このセッションでは、決勝レースに向けたセッティングの確認と煮詰めを行い、井口/山内の両ドライバーもマシンの感触をあらためて確かめました。

そして14時40分、決勝レースがスタート。ステアリングを握るのは井口です。井口はきれいなスタートを決めて上位のマシンを追いかけますが、徐々に後続集団に飲み込まれて順位を落としてしまいます。さらにタイヤにもダメージが蓄積して思うようにペースを上げることができず、14番手まで後退。井口はそれでも粘り強く走り、12番手に浮上したところで山内にバトンタッチすることとなりました。

井口は、「ロングスティントのテストもやってはいましたが、想定よりも厳しかったですね。今後はオートポリスのテストも含めて、次戦の富士に向けて改善していかなければならない部分をどうやって修正していくか、ということですね。タイヤだけじゃなく、シャシーやセッティング、ドライビングなど色々な要因を検証する必要があると思います」と、悔しさをにじませました。
苦しいレースながら完走

後半を担当した山内は、23番手でレースに復帰。じわじわと順位を上げて一時16番手までポジションを戻しますが、ここで再びタイヤ交換のためにピットインを余儀なくされます。さらにこのピットインでドライブスルーペナルティを科されてしまい、SUBARU BRZ GT300は25番手とさらなる苦境に立たされることに。レースは終盤に差しかかっており、ここからの上位進出は厳しい状況ですが、それでも山内は懸命なアタックを続けて23番手まで順位を回復、苦しいレースで完走を果たしました。

「井口選手からバトンを受けた段階で厳しい状況であることは知らされていたので、悪いところを全部出すつもりで全力で走りました。予選で上位は獲れましたが、決勝で残れないと仕方がありません。予選と決勝、両方で速いクルマを目指して、ここで得られたデータを元に、次のテストや次戦の富士に向けて、チーム一丸となって改良に取り組まなければなりません」と、レースを終えた山内は語りました。

チーム総監督を務める辰己英治は、「何が悪かったのかをもう一度しっかりと検証します。今日のコンディションとクルマのセットアップ、いいところを合わせられなかったのかもしれません。フロントが傷まないようなセッティングをしたのですが、それが裏目に出てしまった可能性もあります。まだタイヤを使い切れていないですね。もう一度良く考え直してみます」と、今回のレースを振り返りました。

次戦は5月3日(火・祝)・4日(水・祝)に富士スピードウェイ(静岡県)で開催されるSUPER GT第2戦「FUJI GT 500km RACE」です。4月18日(月)、19日(火)に行われる、オートポリスでのSUPER GT一般公開タイヤテストを経て臨むSUBARU BRZ GT300の活躍にご期待ください。


本日のレースクイーン

TEAM GOH Models
岩本ルミナ(いわもとるみな)

スーパーGT Photo Ranking

フォトランキング