F1ニュース

2016.03.23

ハミルトン「意思決定に携わる人数を減らし、ドライバーに意見を求めるべき」


F1は意思決定に携わる人数を減らすべきと主張したルイス・ハミルトン

 現F1世界チャンピオンのルイス・ハミルトンは、F1の意思決定のプロセスを変える必要があると考えている。現状ではプロセスに関わる人数が多すぎる、というのが彼の見方だ。
 
 現在、F1のルールを決める過程には、ストラテジーグループ、F1委員会、世界モータースポーツ評議会(WMSC)が関与する。ただし、WMSCは基本的にはストラテジーグループとF1委員会による決定を承認するだけとなっている。

「上層部で意思決定に関わる人間があまりにも多いのではと思う。しかも、彼らは実際にF1に乗るわけではないから、現実をあまりよく理解していない」とハミルトン。

「彼らにはそれぞれ違った意見があり、満場一致で同意することは難しく、なかなか話がまとまらない。それに僕の理解しているところでは、チームのなかにも資金が豊富で他より発言力の強いチームがあるようだ。それにドライバーの間でも、半分がある意見を言えば、残りの半分はまた違うことを言うといった状態なんだ」

「最適な方法は分からないけど、とにかく意思決定に関与する人数を減らす必要があると思う。そうすれば正しい決定が下されるようになるんじゃないかな」


この記事は国内独占契約により英 AUTOSPORT.com 提供の情報をもとに作成しています

おすすめの記事

News Ranking

本日のレースクイーン

ZENTsweeties
岩瀬香奈(いわせかな)

Photo Ranking

フォトランキング

Weekly Calendar

ウィークリーカレンダー

3日(Sat)

4日(Sun)

Speed×Sound Trophy(筑波サーキット)

Honda Racing THANKS DAY2016(ツインリンクもてぎ)

5日(Mon)

6日(Tue)

7日(Wed)

8日(Thu)

9日(Fri)