クルマ ニュース

投稿日: 2016.08.19 23:51
更新日: 2016.08.19 23:52

進化を続けるキャデラックのデザイン。最新コンセプトモデル『エスカーラ コンセプト』


クルマ | 進化を続けるキャデラックのデザイン。最新コンセプトモデル『エスカーラ コンセプト』

Cadillac Escala Concept』ぺブルピーチで初公開

キャデラック デザインの今後の方向性と、将来的な技術革新を示唆

(2016年8月18日、米国カリフォルニア州モントレー発)

 現地8月18日夜、毎年恒例のペブルビーチ・コンクール・デレガンスが今週末開催されるカリフォルニアで、キャデラックのコンセプトカー『キャデラック・エスカーラ コンセプト』が初公開されました。このコンセプトカーのデビューにより、つねに進化を続けるキャデラックのデザインや、今後の製品モデルラインナップに活かされていくクラフトマンシップ、テクノロジーの数々が明らかになりました。

『キャデラック・エスカーラ コンセプト(以下、エスカーラ)』は、これからのキャデラックのデザインとテクノロジーに対する理念を明確化する1台であり、キャデラックが進める拡大路線を新たな段階へと導きます。

 グローバル キャデラックの社長を務めるヨハン・デ・ナイシェンは、「エスカーラは、2つの明確な目的を持ったコンセプトモデルです。第1の目的は、キャデラック デザインの新たな方向性と、今後キャデラックモデルに搭載すべく現在開発しているテクノロジーを明確に示すこと。そして、第2の目的はキャデラックのラグジュアリーな世界観を確立し、プレミアムセグメントの頂点に再び戻る指標となること」と述べています。

 キャデラックは個性的なデザインと刺激的なパフォーマンスを特徴とするさまざまなニューモデルを発表し、これらは114年の歴史を誇るキャデラックを新たな時代へと導いています。

「エスカーラは、コンセプトモデルですが、それだけでなく、キャデラックの品質を向上し続けるという思いが根底にあります。そして、ラグジュアリーセダンセグメントが拡大していけば、私達が現在計画している製品モデルのラインナップに、エスカーラが追加されることも十分にあり得ます」とデ・ナイシェンは話しています。

 コンセプトモデルのエスカーラ(“スケール”を意味するスペイン語)は、最近発表された2016年モデルのキャデラックCT6よりも大きなボディを有した、さらに格上の存在感を持ち合わせた最高級セダンです。ここ最近では、ペブルビーチで発表したキャデラックのコンセプトモデル、シエル コンバーチブル(2011年)とエルミラージ クーペ(2013年)に続き、このエスカーラが3台目となります。


本日のレースクイーン

ZENTsweeties
藤永妃央(ふじながきお)

クルマ Photo Ranking

フォトランキング