クルマ ニュース

投稿日: 2020.02.14 06:30
更新日: 2020.02.14 13:11

マツダ3の2リッターガソリン車に『i-ACTIV AWD』が新設定。3月12日より発売


クルマ | マツダ3の2リッターガソリン車に『i-ACTIV AWD』が新設定。3月12日より発売

2020年2月13日
プレスリリース

マツダ、『MAZDA3』2.0LガソリンモデルにAWD車追加
-曲がりやすさと安定性を両立する『i-ACTIV AWD』がすべてのエンジンで選択可能に-

 マツダ株式会社(以下、マツダ)は、『MAZDA3』のSKYACTIV-G 2.0ガソリンエンジン搭載車に進化した四輪駆動システム『i-ACTIV AWD(アイ・アクティブエイダブリュディ)』を設定し、全国のマツダ販売店を通じて本日から予約受付を開始し、3月12日に発売します。

 昨年5月のMAZDA3販売開始以降、AWD車をご検討のお客さまから加速時や高速走行時に余裕があり、装備の充実したSKYACTIV-G 2.0搭載モデルを選びたいとのお声が多く、このたび追加いたします。今回の追加設定によりMAZDA3は、ガソリン車およびディーゼル車の全機種でAWD車が選択可能になります。

 進化した四輪駆動システムi-ACTIV AWDは、さまざまな運転シーンで安心して人馬一体の走りを楽しんでいただくことができる先進のAWDシステムです。

 タイヤの動きやGセンサー等の情報から車両の走行状態をリアルタイムに検知し、路面状況やタイヤの荷重状態の変化を素早く予測。状況に応じて前後輪へのトルク配分を自動的に最適化します。

 これにより雨や雪などの滑りやすい路面ではもちろん、ドライ路面においても4輪のタイヤの力を効率的に引き出せるように適切にトルクを配分し、スムーズで安定した走りを提供します。

 またG-ベクタリング コントロール(GVC)技術*1との協調制御を採用し、これまで以上にニュートラルなコーナリング性能を実現。

 これまでのAWDの常識を打ち破り、曲がりやすさと安定性を両立する革新的なAWD制御を採用することで、雪上はもちろん、舗装路も含めた幅広いシーンでドライバーの意のままの走りをサポートします。

 マツダは、クルマ本来の魅力である“走る歓び”によって、美しい地球と心豊かな人・社会を実現し、人の心を元気にすることにより、お客さまとの間に特別な絆を持ったブランドになることを目指してまいります。

■MAZDA3 SKYACTIV-G2.0 AWD車のメーカー希望小売価格(消費税込)

ハッチバック
・20S PROACTIVE:275万2241円
・20S PROACTIVE Touring Selection:287万3241円
・20S L Package:293万4555円
・20S Burgundy Selection:300万6055円

セダン
・20S PROACTIVE:275万2241円
・20S PROACTIVE Touring Selection:287万3241円
・20S L Package:293万4555円

ー上記価格には保険料、税金(消費税を除く)は含まれていません。また、購入時にリサイクル料金9780円が別途必要。
ー特別塗装色『ソウルレッドクリスタルメタリック』を選択した場合は、66000円高(消費税込)。
ー特別塗装色『マシーングレープレミアムメタリック』を選択した場合は、55000円高(消費税込)。
ー特別塗装色『スノーフレイクホワイトパールマイカ』を選択した場合は、33000円高(消費税込)。

マツダ3 セダン 20S PROACTIVE Touring Selection i-ACTIV AWD
マツダ3 セダン 20S PROACTIVE Touring Selection i-ACTIV AWD

*1 G-Vectoring Control:車両の加速度(G)を方向付ける(Vectoring)制御(Control)は、ドライバーのハンドル操作に応じてエンジンの駆動トルクを変化させることで、車両の横方向と前後方向の加速度(G)を統合的にコントロールし、車両の姿勢や挙動を安定化させる、マツダ独自の制御技術です。GVCプラスでは、ブレーキによる車両姿勢安定化制御を追加することで、旋回中のドライバーのハンドル戻し操作に応じて外輪をわずかに制動し、車両を直進状態へ戻すための復元モーメントを与えることで、さらに安定性を向上させています。

*2 WLTCモード燃費は国土交通省審査値で、燃料消費率は定められた試験条件での値です。お客さまの使用環境(気象状況、渋滞等)や運転方法(急発進、エアコン使用時等)に応じて燃料消費率は異なります。
WLTCモード:市街地、郊外、高速道路の各走行モードを平均的な使用時間配分で構成した国際的な走行モード
市街地モード:信号や渋滞等の影響を受ける比較的低速な走行を想定
郊外モード:信号や渋滞等の影響をあまり受けない走行を想定
道路モード:高速道路等での走行を想定

*3 自動車税(環境性能割)は、新車時の環境性能に応じて自家用登録車は非課税または1~3%が課税されます(2021年3月31日まで)。ただし、2020年9月30日までに新車登録する場合、自動車税(環境性能割)の税率が1%軽減されます。エコカー減税(環境対応車普及促進税制)は、新車登録時に重量税の軽減措置(2021年4月30日まで)が受けられます。

 マツダ3の詳細はマツダ公式ホームページ(https://www.mazda.co.jp/cars/mazda3/)まで。i-ACTIV AWDの詳細についてはマツダ公式情報サイト(https://www.mazda.co.jp/beadriver/dynamics/awd)まで。


関連のニュース

本日のレースクイーン

BUSOUサーキットレディ
遊馬りえ(ゆうまりえ)

クルマ Photo Ranking

フォトランキング