クルマ ニュース

投稿日: 2016.04.12 02:01

スバル、レヴォーグを改良。16年夏にSTIブランドの新グレード追加も


クルマ | スバル、レヴォーグを改良。16年夏にSTIブランドの新グレード追加も

スバル レヴォーグを改良
~2016年夏にSTIブランドの新グレード追加予定~

April 11, 2016

 富士重工業は、スバル レヴォーグに改良を施し、2016年6月10日より発売します。

 今回の改良では、安全性のさらなる強化に加え、デザイン性や静粛性を向上することで、レヴォーグの商品力、総合性能を磨き上げ、スバルが掲げる安心で愉しいクルマづくりを熟成させました。

 安全性においては、第三者評価でも高い評価を獲得している衝突安全性能をさらに強化。前面衝突時に瞬時にシートベルトを巻き取り、乗員を拘束するシートベルトプリテンショナーを左右リヤシートにも採用。リヤシートのクッションも安全性の高い構造に改良するなど、後席の乗員保護性能を向上しました。さらに、フロントドアにアッパービームを追加し、側面衝突への対応も強化しています。

スバル・レヴォーグ
スバル・レヴォーグ

 また、デザイン性の向上として、エントリーグレードの1.6GT EyeSightには、新デザインの17インチアルミホイールを採用。ガンメタリック塗装と切削光輝を組み合わせたスポーティで質感高いデザインを採用しつつ、空力性能の向上と軽量化も実現しました。GT-Sグレードには、上級グレードに相応しいスポーティかつ上質で華やかな印象を与える「ブライトパール内装」をメーカーオプションとして新設定。パールのような輝きをもったシルバー基調のレザーとブルーステッチによるコーディネートによって、インテリアの質感を高めました。

 さらに、フロントドアガラスの室内側ショルダー部ウェザーストリップを2枚化して、室内への透過音を低減。また、リヤクォーターガラスの板厚アップやカーゴルームの吸音材追加等で静粛性を高め、室内の質感と快適性を高めています。

 なお、レヴォーグのスポーティな走りと高い質感を「STI*1」によってさらに進化させた新たな価値を提供するモデルを、最上級グレードとして2016年夏に発売予定です。

レヴォーグのSTIブランドのグレードが16年に登場する
レヴォーグのSTIブランドのグレードが16年に登場する

*1:スバルテクニカインターナショナル株式会社(代表:平川良夫、東京都三鷹市、略称:STI)

【店頭デビューフェア】
2016年7月2日(土)~3日(日)、9日(土)~10日(日)


本日のレースクイーン

TEAM GOH Models
神﨑沙穏(かんざきさおん)

クルマ Photo Ranking

フォトランキング