国内レース他 ニュース

2016.05.14

全日本F3富士:予選はマーデンボローと佐々木大樹がポールポジションを分け合う


国内レース他 | 全日本F3富士:予選はマーデンボローと佐々木大樹がポールポジションを分け合う

全日本F3選手権の第2ラウンドは5月14日、富士スピードウェイで第3戦/第4戦の公式予選が行われ、第3戦はヤン・マーデンボロー(B-MAX NDDP F3)が、第4戦は佐々木大樹(B-MAX NDDP F3)がポールポジションを獲得した。

富士チャンピオンレースの一戦として開催される今回の全日本F3第2ラウンド。13日には午前、午後と2回の専有走行が行われ、午前は牧野任祐(TODA FIGHTEX)が、午後は坪井翔(ZENT TOM’S F314)と、ルーキードライバーたちがトップタイムをマークすることとなった。

迎えた14日の富士は、やや雲があるものの晴れ。9時30分からの第3戦予選では、10分間の走行のなかで各車がアタックを展開していった。前日の走行から好調だった坪井がしばらくはトップに立っていたが、それをわずか0.020秒上回ってきたのは、先日のスーパーGT第2戦富士でもGT300優勝を飾ったマーデンボロー。スーパーGTでの勢いそのままに、全日本F3で初めてのポールポジションを獲得してみせた。

2番手は坪井で、3番手には0.010秒差で佐々木大樹(B-MAX NDDP F3)がつけた。4番手にはこちらも今季からF3に参戦している牧野がつけ、F3ルーキー勢が2列目までに3台入る結果となった。

10分間のインターバルのうちにやや陽が陰った第4戦の予選では、アタック1周目で山下健太(ZENT TOM’S F312)が33秒台に入れようかという1分34秒021をマーク。第3戦から一気にタイムを上げていく。しかし、それを上回りただひとり33秒台に入れたのは佐々木。これには他のドライバーも及ばず、第4戦は佐々木がポールポジションとなった。

2番手につけたのはマーデンボローで、B-MAX Racing Team with NDDP勢がワン・ツー。3番手には山下がつけ、4番手は坪井。TEAM TOM’S勢が2列目を占めている。富士で重要となるストレートスピード最高速では、B-MAX Racing Team with NDDP勢が使用するフォルクスワーゲンA41エンジンが260km/h前後をマークし、トップ3を占めた。

F3-Nでは、第3戦ではDRAGON(B-Max Racing F308)が首位、第4戦では2番手。片山義章(Petit LM Racing)が第3戦2番手、第4戦首位と、激しい争いを展開している。3番手は第3戦が廣田築(アルビレックスF306TLM)、第4戦が岡崎善衛(Glocal アルビTLM)という結果となった。

全日本F3第4戦のポールポジションを獲得した佐々木大樹(B-MAX NDDP F3)
全日本F3第4戦のポールポジションを獲得した佐々木大樹(B-MAX NDDP F3)
坪井翔(ZENT TOM'S F314)
坪井翔(ZENT TOM’S F314)

国内レース他 News Ranking

本日のレースクイーン

YOKOHAMA promotional models
松田蘭(まつだらん)

国内レース他 Photo Ranking

フォトランキング