国内レース他 ニュース

投稿日: 2016.06.13 19:23

S耐第3戦鈴鹿:残り6分の大逆転劇でENDLESS ADVAN GT-Rが勝利


国内レース他 | S耐第3戦鈴鹿:残り6分の大逆転劇でENDLESS ADVAN GT-Rが勝利

 スーパー耐久シリーズ第3戦が6月11~12日に鈴鹿サーキットで行われ、内田優大/藤井誠暢/平峰一貴組の24号車スリーボンド日産自動車大学校GT-Rが、2戦連続でポールポジションを獲得。しかし、決勝では降りしきる雨に足を取られ、開幕3連勝はならず。トップは目まぐるしく入れ替わったが、ラスト6分にまさかの大逆転劇で、YUKE TANIGUCHI/峰尾恭輔/山内英輝組の3号車ENDLESS ADVAN GT-Rが今季初勝利を挙げている。

 鈴鹿が舞台の第3戦は、初の試みとして予選と決勝の間に「セカンドチャンス100」を実施。これは簡単に言うと敗者復活戦で、ST-XクラスとST-1クラスは予選で基準タイムをクリアすることを条件に、また他のクラスは予選3番手以上であれば、決勝進出を許される。その一方で、4番手以下のチームは「セカンドチャンス100」を戦った上で、按分比例によってあらかじめクラスごと定められた順位までしか決勝進出を許されないという仕組みだ。

 まず予選では、2戦連続でスリーボンド日産自動車大学校GT-Rがポールポジションを獲得。特に藤井は昨年の最終戦で自ら記したコースレコードに1秒を切るほど迫り、気候的な条件を踏まえれば、まさに会心の一発を決めていた。

 続いて行われた「セカンドチャンス100」は、文字どおり100分間の戦いに。この間、通常の決勝レースと同じように2回のピットストップが義務づけられる。一度だけ、オイル処理のためSCランが実施されたものの、懸念された大波乱もなく、まずまず順当に有力チームが決勝進出を果たした。

スーパー耐久シリーズ第3戦鈴鹿/15号車岡部自動車DIXCELチームテツヤZ34
スーパー耐久シリーズ第3戦鈴鹿/15号車岡部自動車DIXCELチームテツヤZ34

 ちなみに、トップでチェッカーを受けたのは、長島正明/田中徹/田中哲也組の15号車岡部自動車DIXCELチームテツヤZ34。この「セカンドチャンス100」を勝ち抜いた22台を加えた、45台が決勝のスターティンググリッドに並ぶこととなった。


本日のレースクイーン

2020リアライズガールズ
霧島聖子(きりしませいこ)

国内レース他 Photo Ranking

フォトランキング