国内レース他 ニュース

投稿日: 2018.05.15 04:55
更新日: 2018.05.20 09:46

ポルシェカレラカップ ジャパン2018 第5・6戦鈴鹿 プレビュー


国内レース他 | ポルシェカレラカップ ジャパン2018 第5・6戦鈴鹿 プレビュー

ポルシェカレラカップ ジャパン 2018 第5・6戦プレビュー

 東京.ポルシェジャパン株式会社(本社:東京都港区 代表取締役社長:七五三木敏幸)とポルシェカレラカップ ジャパン(PCCJ)委員会は、ポルシェカレラカップ ジャパン 2018シリーズ第5・6戦を、鈴鹿サーキット(三重県)にて2018年5月19日(土)、20日(日)に開催いたします。

 今シーズンのPCCJは、第1・2戦は岡山国際サーキット、第3・4戦は富士スピードウェイで開催されてきたが、第5・6戦の舞台は今シーズン初開催となる鈴鹿サーキット。長い歴史を誇り、F1日本GPの舞台でもある鈴鹿サーキットの全長は5.807㎞。低速、中速、高速コーナーがバランスよく配置され、世界的にも珍しい立体交差を有した右回りと左回りが入れ替わる8の字型のレイアウトとなっている。
 
 世界のトップドライバーからの評価も高くテクニックが問われるサーキットとしても知られている。とくに注目したいのが、グランドスタンド前のメインストレートでスリップストリームを利用して進入する1コーナーでの争い。
 
 今シーズンから導入されたタイプ991 第2世代のニュー911 GT3 Cupは、排気量の増加、パワーの向上に加え、アンチロック・ブレーキシステム(ABS)も新たに採用されたため、どのようなオーバーテイクシーンが展開されるのかに注目したい。
 
 ニュー911 GT3 Cupによる鈴鹿初レースは、ニューコースレコード樹立の期待とともに迫力あるレースが繰り広げられるはずだ。

#18 上村優太(ポルシェ ジャパン ジュニア)


本日のレースクイーン

TEAM GOH Models
神﨑沙穏(かんざきさおん)

国内レース他 Photo Ranking

フォトランキング