コラム ニュース

投稿日: 2020.08.12 16:45
更新日: 2020.08.12 16:47

「育成とトレーニングの舞台として提供する」とプロモーター代表【フォーミュラ・リージョナルの現在と未来】


コラム | 「育成とトレーニングの舞台として提供する」とプロモーター代表【フォーミュラ・リージョナルの現在と未来】

 富士スピードウェイで8月1~2日、フォーミュラ・リージョナル・ジャパニーズ・チャンピオンシップ(FRJ)の開幕大会(第1~3戦)が、9チーム13台の参加により実施された。予選、決勝とも阪口晴南(SUTEKINA RACING TEAM)の圧勝で、21歳の青年は3ポールポジション&3勝とライバルを寄せ付けなかった。

 今季から新たなフォーミュラのフィールドとして始まったFRJは今後どのような未来を歩んでいくのだろうか。今回はFRJのプロモーター代表を務めるケイツープラネット株式会社の桑山晴美代表取締役に、FRJの現在と未来を語ってもらった。


関連のニュース

本日のレースクイーン

muta racing fairies
五十嵐みさ(いがらしみさ)

コラム Photo Ranking

フォトランキング