レースを愛してやまないファンの方々へ
autosport web Premiumが登場。

詳細を見る

F1 ニュース

投稿日: 2024.02.01 18:10
更新日: 2024.02.01 14:59

タイヤ問題に取り組むハースF1。各部門の間におけるコミュニケーションの課題が根底にあると小松代表が示唆

レースを愛してやまないファンの方々へ
autosport web Premiumが登場。

詳細を見る


F1 | タイヤ問題に取り組むハースF1。各部門の間におけるコミュニケーションの課題が根底にあると小松代表が示唆

 ハースF1はタイヤのデグラデーション問題についてまだ答えを模索しているが、チーム代表の小松礼雄氏は、その問題はチームの部門間のコミュニケーションギャップに根ざしている可能性があることを示唆している。

 レースでのタイヤのデグラデーションは、2023年シーズンを通してハースにつきまとったテーマであり、日曜日のケビン・マグヌッセンとニコ・ヒュルケンベルグの努力を著しく損なうものだった。昨年10月のアメリカGPで、ハースはレッドブルのトレードマークであるダウンウォッシュ型サイドポッドコンセプトへの転換を含む、大幅に改良されたマシンを展開した。この大幅な改良はVF-23の空力効率を向上させ、2024年に向けた基盤を確立するだけでなく、慢性的なタイヤ劣化の問題を解決することが期待されていたが、残念ながらそうはならなかった。


この記事は国内独占契約により 提供の情報をもとに作成しています

関連のニュース

本日のレースクイーン

BLUE LINK VICTORY CATS
森本優香(もりもとゆうか)

F1 Photo Ranking

フォトランキング