F1 ニュース

投稿日: 2016.04.18 03:04
更新日: 2016.04.18 03:06

クビアト「表彰台のためならこれからもリスクを冒す。期待してて!」:レッドブル 中国GP日曜


F1 | クビアト「表彰台のためならこれからもリスクを冒す。期待してて!」:レッドブル 中国GP日曜

 2016年F1中国GP決勝で、レッドブル・レーシングのダニール・クビアトは3位だった。

■レッドブル・レーシング
ダニール・クビアト 決勝=3位
 今日は心からレースをエンジョイできた。ペースはとても良かったし、僕らにはあまり有利ではないと思っていたコースで、これだけの成績を挙げられたのが嬉しいね。今日はマシンがすごく好調でシャシーは乗りやすかった。この後、パワーユニットがアップグレードされれば、もっと上位を争えるはずだ。

(セバスチャン・)ベッテルのインを突いたのは、フェアな攻撃だったと思っている。そこにスペースがあったから飛び込んだだけだ。僕と彼は接触しなかったけど、彼にとっては不運なことに、反対側にキミ(・ライコネン)がいた。僕にとっては当然の行動だったし、それが結果としてポディウムにつながった。

 これまで難しいレースが続いていたから、こういう結果を出せると心強い。今年僕らのチームはコンスタントに表彰台争いをしている。いいことだよ。シーズンの今後に向けて期待を感じる。
 今日は本当にハッピーだ。最高の気分で母国ロシアに向かうことができるよ。

(FIA記者会見で語り)去年のハンガリー以来の表彰台だからものすごく嬉しい。本当に久しぶりな感じがする。(スタート直後のベッテルとのバトルについては)話してもきりがない。あの動きが報われて、今表彰台に立っているんだから嬉しい。
 スタートがうまく決まった。ターン1からターン2はリスキーだった。もちろんリスクのある動きだった。でもそういう動きを取れば表彰台を手に入れるチャンスがあるんだ。だからこれからもリスクを取り続けるよ。皆期待しててね!

 レース全体をとてもうまくコントロールして走れた。今日は最初から最後まで戦う相手はセバスチャンだった。彼の挽回は素晴らしかった。僕らの方は終盤ソフトタイヤがなかったことでチャンスを逃したかもしれない。最後のスティントでミディアムを履いたが、そのタイヤでは彼に対抗できず、結局抜かれてしまった。


本日のレースクイーン

ITOCHU ENEX IMPUL LADY
あのん

F1 Photo Ranking

フォトランキング