F1 ニュース

投稿日: 2024.05.08 08:00
更新日: 2024.05.07 18:40

マグヌッセンへのペナルティの累積方法にマクラーレンF1代表が不満「スポーツマンシップの観点から意味をなしていない」


F1 | マグヌッセンへのペナルティの累積方法にマクラーレンF1代表が不満「スポーツマンシップの観点から意味をなしていない」

 マクラーレンF1のチーム代表を務めるアンドレア・ステラは、F1第6戦マイアミGPのスプリントレースにおけるケビン・マグヌッセン(ハース)の防御戦術を強く非難した。それらは「まったく受け入れられない」戦術であることから、FIAはこの意図的な行動に直ちに対処しなければならないとステラは主張している。

 スプリントレースでのマグヌッセンの戦術は、第2戦サウジアラビアGPで、チームメイトのニコ・ヒュルケンベルグがポイントを獲得するのを助けるために中団のライバルたちを繰り返し抑え込んだ際の物議を醸した行動と似ている。今回はルイス・ハミルトン(メルセデス)を相手にアグレッシブに防御をしながら、ポジションを維持するために4回もコースアウトし、連続してタイムペナルティを受けたが、最終的にまたヒュルケンベルグを助けて彼の7位フィニッシュと2ポイント獲得に貢献することになった。


この記事は国内独占契約により 提供の情報をもとに作成しています

関連のニュース

F1 関連ドライバー

F1 関連チーム