F1 ニュース

投稿日: 2015.11.14 15:35
更新日: 2017.04.18 15:37

メルセデス1-2。ベッテル3番手もその差縮まらず


F1 | メルセデス1-2。ベッテル3番手もその差縮まらず

 2015年F1第18戦ブラジルGPの土曜フリー走行は、メルセデスAMGのルイス・ハミルトンがトップタイムをマークした。

 2日目のインテルラゴスは朝から強い日差しが照りつけ、路面温度も40度を超える熱いコンディションで午前11時のフリー走行開始を迎えた。

 セッション序盤、まず上位勢で最初に動いたのは初日3、4番手につけるもトップのメルセデスに1秒以上のギャップを築かれたフェラーリ勢。チームメイトのキミ・ライコネンに続いたセバスチャン・ベッテルが1分14秒062で最初のリードを奪った。

 しかし、セッション開始20分過ぎから本命のメルセデス勢がアタックを開始するとニコ・ロズベルグが計測1周目から1分13秒台に入れてフェラーリのタイムをあっさりと更新。続くセカンドアタックではさらにコンマ4秒縮めて1分13秒324を記録した。一方、フェラーリのベッテルもその後のアタックでベストタイムを塗り替えるが、メルセデスとの差は依然コンマ6秒と大きく開いている。

 もう一台のシルバーアローを駆るハミルトンは最初の走り出しでギヤトラブルに見舞われ一度ストップする場面があったものの、自力でピットに戻るとすぐにコースへ復帰。しかし、セクター2終盤のターン11のアプローチで突如リヤのコントロールを失いスピンアウトするなど、なかなかリズムに乗れきれず、ロズベルグがリードしたまま終盤を迎えることとなった。


関連のニュース

本日のレースクイーン

DUNLOP DIREZZA GIRL 2020
美月千佳(みづきちか)

F1 Photo Ranking

フォトランキング