F1 ニュース

投稿日: 2015.11.15 15:37
更新日: 2017.04.18 15:39

ロズベルグが5戦連続PP、ハミルトンを僅差で下す


F1 | ロズベルグが5戦連続PP、ハミルトンを僅差で下す

 2015年F1第18戦ブラジルGPは14日(現地時間)、インテルラゴス・サーキットで公式予選が行われ、メルセデスAMGのニコ・ロズベルグが今季6回目となる通算21回目のポールポジションを獲得した。

 前戦メキシコで久々の勝利を挙げたロズベルグが、ブラジルGPの初優勝を目指すルイス・ハミルトンとの一騎打ちを制し、5戦連続でポールポジションを奪取。2年連続の優勝に大きく前進した。

 初日トップにつけたロズベルグはこの日朝のフリー走行でライバルのハミルトンにトップを奪われると、予選最初のQ1とQ2でもチームメイトの後塵を拝した。しかし、ポールを決するQ3では最初のアタックで再びトップタイムを奪うと、続くラストアタックではセクター1とセクター2を全体ベストで駆け抜け、1分11秒282をマークした。

 一方、逆転を狙ったハミルトンはセクター3こそベストタイムを記録するも、セクター2までの遅れを取り戻すことはできず、100分の7秒差で2番手に。

 フェラーリは、唯一セバスチャン・ベッテルがメルセデス勢と同じ1分11秒台をマークするも、2台とはコンマ5秒の大差でポール争いに絡めず。もう一台のフェラーリを駆るキミ・ライコネンはウイリアムズのバルテリ・ボッタスにも先行を許し5番手。ただ、ボッタスは初日の赤旗中に追い抜きをしたとして3グリッドの降格を事前に受けているため、決勝の2列目にはフェラーリが並ぶこととなった。
 6番手に飛び込んだニコ・ヒュルケンベルグと7番手のダニール・クビアトも決勝の3列目を手にいれることに。結局、ボッタスは8番手につけたチームメイトのフェリペ・マッサとともに4列目に並ぶ結果となっている。

 なお、マクラーレン・ホンダはフェルナンド・アロンソが予選Q1で再びマシントラブルに見舞われストップ。ジェンソン・バトンも17番手に終わり、早々と姿を消した。


関連のニュース

本日のレースクイーン

フロンティアキューティーズ
藤高つばさ(ふじたかつばさ)

F1 Photo Ranking

フォトランキング