F1 ニュース

投稿日: 2015.11.16 17:07
更新日: 2017.04.18 17:07

ライコネン「何も起こらず、すごく退屈なレース」:フェラーリ日曜コメント


F1 | ライコネン「何も起こらず、すごく退屈なレース」:フェラーリ日曜コメント

 2015年F1ブラジルGPの日曜決勝で、フェラーリのキミ・ライコネンは4位だった。

■スクーデリア・フェラーリ
キミ・ライコネン 決勝=4位
 僕に関してはほとんど何も起こらないレースだった。スタートはまずまずで、幾分ホイールスピンはあったけれど、ポジションをキープして、セブ(ベッテル)についてコーナーに入っていった。

 4位を楽に維持できるだけの速さはあったが、マシンのフィーリングが思っていたほどはよくなかった。ソフトタイヤでもミディアムでも苦労した。装着して最初の数周、新しいうちはいいんだが、周回を重ねていくとハンドリングが快適ではなくなってきた。

 3回ストップに切り替えたとしてもレース結果は変わらなかったと思う。それで事前に予定していたとおり、2回ストップで走り切った。

 最後のスティントが一番うまくいったと思うが、その時点ではすでにやれることはあまりなかった。前のグループから大きく離されていたからだ。

 最善の結果を出そうと努力した。4位は悪くない。

 
 すごく退屈なレースだった。4番グリッドからスタートして4位フィニッシュ。決勝中のハンドリングはあまりよくなかった。最下位よりはいいけど。
 最初から最後までものすごく退屈なレースがよくあるが、今日がまさにそうだった。


関連のニュース

本日のレースクイーン

apr sweetプリンセス
non(のん)

F1 Photo Ranking

フォトランキング