F1 ニュース

投稿日: 2016.04.27 15:35
更新日: 2016.04.27 15:55

GP2の有望株シロトキン、ロシアGP金曜日にルノーで走行


F1 | GP2の有望株シロトキン、ロシアGP金曜日にルノーで走行

 GP2で優勝候補のセルゲイ・シロトキンがルノーF1チームと長期の開発契約を結び、今週末に開催されるロシアGPのフリー走行1回目を担当することになった。  

 20歳のシロトキンはザウバーのテストドライバーを務めていた経験があり、2014年にもロシアGP金曜日のフリー走行1回目(FP1)に出走している。今回も金曜日のFP1でケビン・マグヌッセンの代役を務めるシロトキンを、ルノーのレーシング・ディレクターであるフレデリック・バスールは以下のように評価している。 

「セルゲイはジュニア・カテゴリーを走るドライバーの中で最も将来を約束されている者のひとりなので、彼がルノーに加入するというのは我々にとって素晴らしく良いことだ。彼が非常に有望なルーキーであることは昨年のGP2(ランキング3位)を見て、知っていた。2016年はタイトル獲得をかけてのバトルができる、良い状態にある。セルゲイは以前にもソチ・オートドロームを走っているので、彼がしてくれるであろう仕事には信頼を置いている」

 今シーズンGP2にバスールのARTチームから参戦するシロトキンは「まだ、あまり信じられずにいる。大きなチャンスにもかかわらず、話はすぐにまとまった。すべての若手ドライバーは、こういった機会に向けて頑張っている。できるだけ多くを早く学び、フリー走行を走っている間はチームのために最高の仕事をしようと心に決めた。ルノーはF1でキャリアを始めるには最高のチームであることを何度も証明してきている。僕もこの機会を最大限に活かそうと思う」と、語っている。

 シロトキンの契約は、多くのチームやドライバーを支援するロシアのSMPレーシングとルノーの提携開始を強調するものでもある。 


この記事は国内独占契約により英 AUTOSPORT.com 提供の情報をもとに作成しています

本日のレースクイーン

G/motion ANGEL
朝比奈愛弥(あさひなあや)

F1 Photo Ranking

フォトランキング