F1 ニュース

投稿日: 2016.05.01 01:22

分析:デグラデーションの小さいロシアGPで、真の実力差が明らかになる?


F1 | 分析:デグラデーションの小さいロシアGPで、真の実力差が明らかになる?

 F1ロシアGPの予選が終了した。ここでは、金曜日のフリー走行のタイムから、決勝の展開を占ってみよう。初日の最速タイムを見る限り、今回もメルセデス勢は盤石に見える。

【最速タイムの順位・チーム別】
1 メルセデス(ハミルトン):1分37秒583(スーパーソフト)
2 フェラーリ(ベッテル):1分38秒235(スーパーソフト)
3 レッドブル(リカルド):1分39秒084(ソフト)
4 ウイリアムズ(ボッタス):1分39秒185(スーパーソフト)
5 マクラーレン(バトン):1分39秒196(ソフト)
6 トロロッソ(サインツ):1分39秒465(スーパーソフト)
7 フォース・インディア(ヒュルケンベルグ):1分39秒795(スーパーソフト)
8 ルノー(マグヌッセン):1分40秒193(スーパーソフト)
9 ハース(グロージャン):1分40秒260(スーパーソフト)
10 ザウバー(ナッセ):1分40秒740(スーパーソフト)
11 マノー(ハリアント):1分41秒080(スーパーソフト)


この記事は国内独占契約により英 AUTOSPORT.com 提供の情報をもとに作成しています