レースを愛してやまないファンの方々へ
autosport web Premiumが登場。

詳細を見る

F1 ニュース

投稿日: 2016.05.04 12:45
更新日: 2016.05.04 12:57

2017年の新規定では、パワーユニット供給の「強制」が可能に

レースを愛してやまないファンの方々へ
autosport web Premiumが登場。

詳細を見る


F1 | 2017年の新規定では、パワーユニット供給の「強制」が可能に

 2017年のF1レギュレーションでは、FIAは供給するチーム数が最も少ないマニュファクチャラーに対して、パワーユニットを必要とするチームへの供給を強制できるようになるという。 

 金曜日(4月29日)、世界モータースポーツ評議会でパワーユニットのコスト、供給、パフォーマンスの集約化、エンジン音の4点に関する提案が合意を得た。この変更は2017〜2018年の競技規則に盛り込まれており、この項目が、どう機能していくかの詳細が記載されている。

 2017年は11チームがF1に残留すると考えられている。このチーム数に基づいて、必要があればFIAはマニュファクチャラーに対し、最低3チームへの供給を求めることができる。チームがパワーユニットを持たない場合はFIAが介入し、供給チーム数が最も少ないマニュファクチャラーに、強制的に供給させることができる。カスタマーチームが条件を飲めば、マニュファクチャラーの供給は義務となる。ただし新規参入のマニュファクチャラーに関しては、参戦初期は、これに従う必要はない。

 昨シーズンは復帰初年度だったホンダを除くと、最も供給チーム数が少ないマニュファクチャラーはルノーとなっていた。このため、この規則が昨年導入されていれば、二者間の関係がどうあれ、ルノーはレッドブルへの供給を強いられていたことになる(実際、今季レッドブルはルノー製パワーユニットを使用)。


この記事は国内独占契約により英 AUTOSPORT.com 提供の情報をもとに作成しています

関連のニュース