F1 ニュース

投稿日: 2016.05.28 14:27
更新日: 2016.05.28 15:12

ハミルトン、もっとソフトなタイヤを要求「1ストップのモナコは列車みたいだ」


F1 | ハミルトン、もっとソフトなタイヤを要求「1ストップのモナコは列車みたいだ」

 ルイス・ハミルトンは、モナコGPをより面白いものにするために、ピットストップ回数を現在よりも多くすることを求めている。
 この週末、ピレリの新しいウルトラソフトタイヤが初めて使われたが、その耐久性から考えると、日曜のレースではどのドライバーも1ストップで走りきれるものと予想されている。木曜日のプラクティスを終えて、ハミルトンはこのウルトラソフトを、「マーキングが紫になっただけで、スーパーソフトとほとんど同じ」と痛烈に批判した。

 モナコ公国の狭い市街地コースで行われるこのレースが、得てして退屈なものになりがちという懸念について、ハミルトンはこう語っている。
「残念なことに、今年もこれまでとまったく同じようなレースになる可能性が高い。このレースを面白くしてくれるような、本当に意味のある変更はなにもないからだ。過去3~4年間はずっと1ストップで、ひどく退屈なレースだった。誰もが知っているように、ここではポールポジションを獲ったドライバーが圧倒的に有利で、1ストップのレースは順位変動のない『行進』になってしまう」

「先日、ある友人にメールをしたところ、彼はこう言うんだ。『モナコへは行かない。ずっと一列縦隊の列車みたいだから』。僕は『確かに。僕もその列の中だ。できれば前のほうがいいけどね』と答えたよ」

「そして、ある晩、ふと思いついた。なぜもっとピットストップを増やさないんだ、ってね。僕に言わせれば、あのウルトラソフトは全然ソフトじゃない。必要なのは、あれの4倍くらいソフトな『ウルトラ・ウルトラ・ウルトラ・ウルトラソフト』だ。そうすれば、もっとピットストップの回数が増えて、順位の変動も起きるだろう」

「僕がF1に来たばかりの頃は、いまよりストップ回数が多くてエキサイティングだったのにね。今年は去年と比べて1周2秒ほど速くなりそうだけど、オーバーテイクのチャンスはいままでと何も変わらないと思う」


この記事は国内独占契約により英 AUTOSPORT.com 提供の情報をもとに作成しています

本日のレースクイーン

WedsSport Racing Gals
安田七奈(やすだなな)

F1 Photo Ranking

フォトランキング