F1 ニュース

投稿日: 2016.05.29 15:20
更新日: 2016.05.29 15:22

2017年コクピット保護システムは「ハロ」を採用。レッドブル型も開発を継続


F1 | 2017年コクピット保護システムは「ハロ」を採用。レッドブル型も開発を継続

 FIAは、以前から話し合いが行われていたF1コクピット保護システムの導入について、2017年シーズンよりフェラーリが試作モデルをテストした「ハロ」型の採用に向けて動き出すことを決めた。 

 モナコGPの金曜日、各チームのテクニカルディレクターとFIAのF1レースディレクター、チャーリー・ホワイティングを含めたテクニカル・ワーキング・グループ(TWG)による会議が開かれ、フェラ—リの「ハロ」と、ロシアGPのフリー走行でレッドブルがテストした「エアロスクリーン」どちらかの採用をめぐって、議論が行われた。

 強固なつくりが特長のエアロスクリーンは、ハロと比べてファンからの支持も高く、採用される可能性が高いと見られていたが、7月1日までという合意期限と、エアロスクリーン自体のテスト不足が懸念材料となり、最終的にハロが選ばれた。とはいえ、現段階でFIAはエアロスクリーンの今後の開発方針を定めていないものの、2018年以降の導入に向けて開発は継続される模様だ。

 オフシーズンテストでフェラーリが装着して走行したハロのアップデートバージョンは、6月24日に行われる安全確認テストで披露される予定。このテストをパスすることができれば、7月6日に開催されるテクニカルレギュレーションミーティングで正式に認可されることになる。

 新バージョンは、一部から不評を得ていた「厚ぼったい」形状の初期バージョンと比べて、より流線形のシェイプになるという。

 これにより各チームは、大幅改定となる来季のマシンデザインへの採用に向けて、十分な時間を得られることになったが、まだまだ実際の導入までにクリアするべき課題は多い。


この記事は国内独占契約により英 AUTOSPORT.com 提供の情報をもとに作成しています

本日のレースクイーン

G/motion ANGEL
朝比奈愛弥(あさひなあや)

F1 Photo Ranking

フォトランキング