F1 ニュース

投稿日: 2016.05.30 03:37

クビアト、厳罰の理由はマグヌッセンとの接触で「スペースを作り出したため」


F1 | クビアト、厳罰の理由はマグヌッセンとの接触で「スペースを作り出したため」

 トロロッソのダニール・クビアトは、F1モナコGPの決勝レース中に、ルノーのケビン・マグヌッセンと接触。18コーナーでの事故について責任が問われ、次戦カナダGPで3グリッド降格のペナルティを受けることになった。

 クビアトはセーフティカー先導でスタートしたレースにおいて、電気系のトラブルに見舞われたため、1周目にピットイン。ステアリングを交換したものの修復できず、その後も何度かピットへ向かって大きく後退しており、ポジションを取り戻そうとしていた。

 まずクビアトとマグヌッセンはプール・セクションで接触があり、ラスカスでバリアにクラッシュ。スチュワードは「クビアトは二度、軽く接触することでオーバーテイクするためのスペースを作り出した」と判断して、厳しい罰を下した。ペナルティポイント「2点」も追加され、クビアトは累計7点となっている。

 クビアトは「マグヌッセンにブロックされた」と主張したが認められず、事故でレースを失った上に、次戦まで影響が及ぶことになってしまった。

 マグヌッセンは、クビアトとの事故後も走り続けていたが、ミラボーで単独クラッシュを演じて、結局リタイアに終わった。


この記事は国内独占契約により英 AUTOSPORT.com 提供の情報をもとに作成しています

本日のレースクイーン

UP GARAGE HONEYS
五十嵐希(いがらしのぞみ)

F1 Photo Ranking

フォトランキング