F1 ニュース

投稿日: 2016.05.30 08:26
更新日: 2016.05.30 08:27

ロズベルグ「ルイスに譲ることより、自信を感じられないことが辛かった」:メルセデス モナコ日曜


F1 | ロズベルグ「ルイスに譲ることより、自信を感じられないことが辛かった」:メルセデス モナコ日曜

 2016年F1モナコGP決勝で、メルセデスのニコ・ロズベルグは7位だった。

■メルセデスAMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム
ニコ・ロズベルグ 決勝=7位
 レースではいい日もあれば悪い日もある。今日は僕にとって悪い一日だった。優勝を争えるだけの速さがなかった。理由を理解する必要がある。

 ブレーキに問題があった可能性がある。まだ確信はないけれど。

 レース序盤、ウエットタイヤで走っていた時、限界までプッシュできる気がしなかった。だからチームからルイス(・ハミルトン)を前に出すよう求められた時、素直にそれを受け入れることに決めた。その瞬間、ものすごく辛かったけどね。

 でも僕のペースは彼よりずっと遅くて、ルイスにはチームのために優勝できるだけのスピードがあるのは明らかだった。

 僕らには以前からこういうルールがある。自分が前にいても、後ろを走っているチームメイトに勝つチャンスがある場合には、彼にそのチャンスを与えるというルールがね。

2016年第6戦モナコGP フェルナンド・アロンソ(マクラーレン・ホンダ)、ニコ・ロズベルグ(メルセデス)を押さえ切り、5位入賞
2016年第6戦モナコGP フェルナンド・アロンソ(マクラーレン・ホンダ)、ニコ・ロズベルグ(メルセデス)を押さえ切り、5位入賞

 その後はうまくいかなかった。ピットストップの時、ピットレーンが混雑していたためにボックスで待機しなければならなかった。その間に何台かに前に行かれてしまい、突然6番手に落ちた。

 モナコで後方に落ちると、それで終わりだ。前には出られない。終盤は後ろを走るニコ(・ヒュルケンベルグ)の方が状態がいいソフトタイヤで、僕のウルトラソフトは終わってしまっていた。小雨が降るなか、タイヤの温度が下がってグリップを失った。それで彼に前に行かれてしまったんだ。

 ざっとまとめると、こういうことだ。今日の結果にはものすごくがっかりしている。ホームレースでもう一度勝ちたかったのに、うまくいかなかった。きつい思いをしたから、受け止めるのに一日は必要だと思う。でもその後は、カナダに改めて集中し、もっと強くなって戻ってくるつもりだ。

(ハミルトンに譲るのは辛かったかと聞かれ)マシンの感触が最悪だったことの方が辛かった。

 こういうコンディションでは全く自信を持って走れなかった。モナコでそうなるのはいい気分ではない。限界までプッシュすることができなかった。プッシュしたらウォールに突っ込んでしまったかもしれない。

 それが一番辛かったことだ。その時点で、マシンの感触がこれでは優勝争いはできないと分かったからだ。

 ひとつ分かっているのは、ブレーキに温度の問題があって、効きが悪かったことだ。でもそれがすべての原因なのか判断するのはまだ早い。分析する必要がある。


この記事は国内独占契約により英 AUTOSPORT.com 提供の情報をもとに作成しています

本日のレースクイーン

にゃんこ大戦争ガールズ
織田真実那(おだまみな)

F1 Photo Ranking

フォトランキング