F1 ニュース

投稿日: 2016.06.02 17:50
更新日: 2016.06.02 19:23

戦略決定ミスで“マッサ渋滞”の中へ……幻となったヒュルケンベルグの表彰台


F1 | 戦略決定ミスで“マッサ渋滞”の中へ……幻となったヒュルケンベルグの表彰台

 フォース・インディアは、先週のモナコGPで、F1参戦開始以来のベストリザルトをあげる絶好の機会を逃したと考えており、同じミスが繰り返されないように、戦略的な意思決定の手順を見直すという。

 モナコでは、セルジオ・ペレスがレースウィナーのルイス・ハミルトン、2位のダニエル・リカルドに次ぐ3位に入ったが、副チーム代表のボブ・ファーンリーは、ニコ・ヒュルケンベルグにもポディウムに上がれる可能性があったと考えている。

 これについてはヒュルケンベルグ本人も、最初のピットストップのタイミングが「間違って」おり、「トラックポジションを失ったうえに、コースに戻ったときにはトラフィックに当たってしまった」と嘆いた。

 ヒュルケンベルグは、15周目にピットストップを行うまで、ハミルトンとニコ・ロズベルグの2台のメルセデスに直後に続く4番手を走っていた。だが、ウェットからインターミディエイトに履き替えてコースに復帰したとき、彼はウェットのままステイアウトしていたフェリペ・マッサの後方にできた「渋滞」の列に加わることになった。

「あれで僕のレースは台無しになり、その後はずっとトラフィックから抜け出せずに、レースの大半を過ごすことになった」とヒュルケンベルグは言う。「ポディウムに上がれる速さはあっただけに、ものすごく悔しいよ」

 モンテカルロでのチームのベストリザルトとなるペレスの3位を喜びながらも、ファーンリーはこう語っている。「残念なのは、もっと良い成績を残せる可能性もあったということだ。ニコの最初のピットストップの判断が良くなかった。あれをうまくやっていれば、私たちは世間の人々を驚かせるような順位で、2台をフィニッシュさせることができたと思う」 


この記事は国内独占契約により英 AUTOSPORT.com 提供の情報をもとに作成しています

本日のレースクイーン

BPR SOUL ANGEL
神楽万早実(かぐらまさみ)

F1 Photo Ranking

フォトランキング