F1 ニュース

投稿日: 2016.06.02 12:05

レッドブル、ピットストップでのミスを防ぐための予防策を約束


F1 | レッドブル、ピットストップでのミスを防ぐための予防策を約束

 F1モナコGPでダニエル・リカルドが優勝を逃す原因となった、ピット作業での失態を二度と演じることがないよう、レッドブルは予防のための対策を導入するという。チーム代表のクリスチャン・ホーナーが、前戦での敗北でチーム全体が「大きな落胆」に包まれていることを受け、徹底的な分析を進めていると明言している。 

 ピットに戻ったリカルドのタイヤが準備されていなかったことの根本的な原因は、通常とは異なるガレージのレイアウトにあったと、レース後にホーナーは説明。リクエストのあったスーパーソフトタイヤの準備が遅れたことにより、リカルドはハミルトンの後ろでコースに復帰することになり、そのまま2位でレースを終えた。のちに行われた調査をふまえて、ホーナーは以下のように述べている。

「モナコでは、すぐそこに勝利があったというのにピットレーンでの伝達ミスによって失うことになり、非常に落胆している。何が起きたかと、その原因についての大量の分析が不可欠だ。このようなことが二度と起こらないよう、予防策を講じていく。何かひとつの事柄が根本的な原因であるということはない。レース中にあった数多くの要素、たとえばマックス(フェルスタッペン)のピットストップ、中止にしたピットストップ、タイヤコンパウンドの変更などが組み合わさって起きたことだ。あると思い込んでいたタイヤがガレージ内ではなく取りに行きづらい場所にあり、ダニエルが帰ってきたタイミングで用意できなかったという事態に、すべての出来事がつながっていたのだ」


この記事は国内独占契約により英 AUTOSPORT.com 提供の情報をもとに作成しています

本日のレースクイーン

BUZZ Racing Lady
空陸海ゆきな(くりみゆきな)

F1 Photo Ranking

フォトランキング