F1 ニュース

投稿日: 2016.06.07 21:26
更新日: 2016.06.07 21:29

ホンダ、パワーユニット供給義務に不満も「1チーム」増やすことは可能


F1 | ホンダ、パワーユニット供給義務に不満も「1チーム」増やすことは可能

 マクラーレン・ホンダは、2017年シーズンから施行されるF1パワーユニットの供給義務ルールについて、FIAと話し合いの機会を持つという。

 マニュファクチャラー4社とF1首脳陣は、数カ月間に及ぶ交渉の末に、2017年から2020年までのパワーユニットのコスト、供給義務、性能均衡化、ノイズについてようやく合意に至った。これにより、エンジンを必要とするチームがいる場合、FIAはカスタマーの数が最も少ないマニュファクチャラーに当該チームへの供給を命じることができ、現時点で供給先が最も少ないのはホンダだ。 

 ホンダとしては、供給を強制されることには不満なようだが、もし必要とされるなら、来季から供給先にもう1チームを加えることはできるとしている。

 だが、マクラーレンの総帥ロン・デニスは、別のチームへの供給について考えるのは、マクラーレン・ホンダが世界選手権を制覇した後のことになると、断固として主張し続けている。

 FIAと何を話し合うのかという英AUTOSPORTの質問に対し、ホンダの長谷川祐介氏は「主にカスタマーへの供給義務についての話し合いになる」と答えた。

「マクラーレンが、私たちのリソースが他チームへのエンジン供給に割かれることを望まないのは当然で、それには私も同意する。彼らはライバルの競争力を上げる事を望んでおらず、ホンダも供給を義務付けられることを望んではいない。だが、これはレギュレーションとして決まったことであり、それがF1全体のためになるならば進んで協力したい」


この記事は国内独占契約により英 AUTOSPORT.com 提供の情報をもとに作成しています

本日のレースクイーン

UP GARAGE HONEYS
五十嵐希(いがらしのぞみ)

F1 Photo Ranking

フォトランキング