F1 ニュース

投稿日: 2016.06.09 14:13
更新日: 2016.06.09 14:14

ピレリ、2017年の新タイヤに自信「これまではテストを“妨害”されていた」


F1 | ピレリ、2017年の新タイヤに自信「これまではテストを“妨害”されていた」

 ピレリ会長のマルコ・トロンケッティ・プロベラによると、F1は新たなタイヤの導入によって「驚くべきもの」になっていくという。 

 イタリアを拠点とするタイヤメーカーのピレリは、モナコGPの週末に2017年用タイヤのプロトタイプを発表。新たに導入されるタイヤはフロントが305mm、リアが405mmに幅が拡張されている。来シーズンに向けてタイヤを準備するにあたっての課題を聞かれると、プロベラは以下のように答えた。

「大きな変更ではあるが、技術的には我々にとって非常に魅力的なことだ。最高のパフォーマンスを提供できるよう、みんなが張り切っていて、驚くべき結果をお届けできるだろう。車体とエンジンでタイムをコンマ1秒縮めようとしたら、多くの仕事をしなければならない。新タイヤならば数秒の短縮が可能になり、関係者とすべての観客にタイヤの重要性が示せる。地面と接する部品はタイヤのみであり、タイヤの上にマシンが乗っているということを認識しなければならない。来シーズンのタイヤはパワフルな見た目で、迫力を感じさせるものとなっている。初の風洞実験では、結果が素晴らしく面白いものになることを証明した」

 ようやくFIAおよびFOMとの契約を締結したピレリは、これから開発のためのテストを行う予定だ。プロベラはテストと開発について、以下のように述べた。


この記事は国内独占契約により英 AUTOSPORT.com 提供の情報をもとに作成しています

本日のレースクイーン

G/motion ANGEL
朝比奈愛弥(あさひなあや)

F1 Photo Ranking

フォトランキング