F1 ニュース

投稿日: 2016.06.10 21:40
更新日: 2016.06.10 22:00

ベッテルはライコネン残留を希望、リカルドには「2014年も負けていない」


F1 | ベッテルはライコネン残留を希望、リカルドには「2014年も負けていない」

 フェラーリF1チームのセバスチャン・ベッテルは、チームメイトのキミ・ライコネンとの仲に不満はなく、「駆け引きやゲーム」と縁のない彼に来季も残留してほしいと願っている。 

 昨年チームは、ライコネンとの今シーズンの契約について、サマーブレイクまで契約の更新を待ったが、今季も同じように来季の契約について更新の期限は今夏までと噂されている。

 現在ライコネンに代わるドライバー候補として名前が挙がっているのは、ダニエル・リカルド、バルテリ・ボッタス、ニコ・ロズベルグ、セルジオ・ペレス、そしてロマン・グロージャン。

 とはいえ、2007年にフェラーリでドライバーズタイトルを獲得し、2014年にチームに復帰したライコネンは、来季も残留できれば幸せだと語っている。

 ベッテルとしても願いは同じだ。

「彼の残留に関しては、まったく問題ない。僕たちは非常に良い関係を築いているからね」

「チームメイト同士で“駆け引きやゲーム”の心配もないし、チームの足を引っ張るようなこともない。一緒に仕事をしやすいんだ」

 一方で、リカルド加入の噂については、レッドブル時代の元チームメイトとして、どう感じているのだろうか。


この記事は国内独占契約により英 AUTOSPORT.com 提供の情報をもとに作成しています

本日のレースクイーン

にゃんこ大戦争ガールズ
織田真実那(おだまみな)

F1 Photo Ranking

フォトランキング