F1 ニュース

投稿日: 2016.07.01 09:48
更新日: 2016.07.01 09:51

ハミルトン、5基目のPUエレメント投入。ペナルティ近づく


F1 | ハミルトン、5基目のPUエレメント投入。ペナルティ近づく

 メルセデスのルイス・ハミルトンが、今週末のオーストリアGPで5基目となるターボチャージャーとMGU-Hを使用する見込みであることが分かった。今季のF1規則では、パワーユニットの各コンポーネントが6基目に入ったときからペナルティ対象になる。

 今季F1ではパワーユニットの6つの各エレメント(ICE、ターボチャージャー、MGU-H、MGU-K、エナジーストア、コントロールエレクトロニクス)をシーズン通して5基までしか使用できず、これを越えるとグリッドペナルティが科される。

 ハミルトンは前戦ヨーロッパGPの段階でターボチャージャーとMGU-Hについて4基目を使用していたが、オーストリアですべてのエレメントが新しいパワーユニットを搭載、これによりふたつのエレメントが5基目に突入する。なお、ICEとMGU-Kは3基目、エナジーストアとコントロールエレクトロニクスは4基目となる。

 オーストリアGPは全21戦中まだ9戦目であり、ハミルトンがグリッド降格ペナルティを避けることは難しそうだ。


この記事は国内独占契約により英 AUTOSPORT.com 提供の情報をもとに作成しています