F1 ニュース

投稿日: 2016.07.09 20:34

ピレリの新型タイヤ生産に遅れ、来季序盤は全車同じタイヤセットに?


F1 | ピレリの新型タイヤ生産に遅れ、来季序盤は全車同じタイヤセットに?

 2017年シーズンの序盤戦では、チームはレースごとのタイヤコンパウンドの割り当てを選べないかもしれない。ピレリの新型タイヤの生産が間に合わない可能性があるからだ。 

 今年から変更されたタイヤ供給のルールにより、チームは各レースで使用できる3種類のコンパウンドの中から、合計13セットを上限として、各ドライバーにどのコンパウンドを何セットを用意するかを決めることができる。

 そして、ピレリはグランプリの2週間前に、各ドライバーが選んだコンパウンドの配分を発表することになっている。だが、タイヤサイズの規定変更もあって、来季序盤戦ではこの手順を守るのが難しくなりそうなのだ。

 来年のタイヤはフロントが245mmから306mmへと60mm幅が広がり、同様にリアは325mmから405mmへと80mmワイドになる。このような抜本的な変更に対応するには、11月末のアブダビでの最終戦終了後まで、今年中に相当な回数のテストを行う必要があり、新型タイヤの本格的な生産が始まるのは12月上旬からになるという。

 このため、ピレリは来季開幕直後のフライアウェイレースについては、必要とされる各コンパウンドの数量を早めに確定したいと考えており、結果として個々のドライバーの選択に応じることができない可能性もあるというのだ。


この記事は国内独占契約により英 AUTOSPORT.com 提供の情報をもとに作成しています

本日のレースクイーン

ITOCHU ENEX IMPUL LADY
あのん

F1 Photo Ranking

フォトランキング