F1 ニュース

投稿日: 2016.07.11 03:11
更新日: 2016.07.11 03:12

チームとの無線は「レギュレーション違反ではない」と主張していたロズベルグ


F1 | チームとの無線は「レギュレーション違反ではない」と主張していたロズベルグ

 ニコ・ロズベルグは、F1イギリスGPでのチームとのギヤボックスに関しての無線のやりとりは、レギュレーション違反にあたらないと主張していた。 

 レースでは2位でフィニッシュしたロズベルグだが、チームから「7速ギヤを飛ばせ」との指示を受けた無線交信が審議対象となり、10秒ペナルティの処分を受けた。ロズベルグは3位へ降格となり、ルイス・ハミルトンとのポイント差は1点に縮まった。

 ロズベルグは、ドライバーは「人の手を借りず、ひとりでクルマを運転すること」が義務づけられており、その規則を守ったため、ペナルティの対象ではないと信じていた。

「大きな問題だったよ。7速が使えなくなって、もう少しでマシンを止めるところだったからね」

「チームからはデフォルトにリセットするように伝えられ、直るかどうかトライした。規則には抵触していないよ」

 ロズベルグは、レース序盤にフェルスタッペンにかわされていたが、路面が乾き、ドライタイヤに交換したあとは自身が有利な立場であったという。

「彼とのバトルはクールだった。インターミディエイトのときは、そこまでバトルは多くなかったんだ。ドライになってDRSが効果を発揮するようになってから、彼のバッテリーがカラのときにつかまえようとしたけど、僕のバッテリーもカラになってしまってね……。彼はブロックが上手だったよ」


この記事は国内独占契約により英 AUTOSPORT.com 提供の情報をもとに作成しています

本日のレースクイーン

にゃんこ大戦争ガールズ
織田真実那(おだまみな)

F1 Photo Ranking

フォトランキング