F1 ニュース

投稿日: 2016.08.01 13:36
更新日: 2016.08.01 13:37

ロズベルグのタイムロスは「ストップウォッチのトラブル」が原因


F1 | ロズベルグのタイムロスは「ストップウォッチのトラブル」が原因

 ニコ・ロズベルグは、ドイツGPでの2番手争いの最中、マックス・フェルスタッペンをコース外に押し出したとして、5秒加算のペナルティを科せられた。ピットストップ時にペナルティ消化を行った際、タイムをロスした原因は「ストップウォッチのトラブル」だとメルセデスのチーム代表トト・ウォルフは述べた。

「あらゆるものがハイテク化されているF1とえいども、ストップウォッチのような、通常使用することのない道具を使う際は失敗することもある。ストップウォッチが正しくスタートしなかったんだ。我々は(確実なペナルティ消化のため)安全策を取らなければならなかった。それが通常より長くかかってしまった理由だ」

「もちろん、我々は秒数を数える事もできた。だが、ストップウォッチに頼りすぎてしまった。がっかりさせられたよ」


この記事は国内独占契約により英 AUTOSPORT.com 提供の情報をもとに作成しています

本日のレースクイーン

2020リアライズガールズ
霧島聖子(きりしませいこ)

F1 Photo Ranking

フォトランキング