F1 ニュース

投稿日: 2016.08.03 08:56
更新日: 2016.08.03 18:05

「バンドーンはマノー入りを希望」もリスクを懸念する声


F1 | 「バンドーンはマノー入りを希望」もリスクを懸念する声

 マクラーレンのリザーブドライバー、ストフェル・バンドーンは、シーズン後半にマノーに空席が出た場合、そこでレースができれば来季のフル参戦に向けていい準備ができるだろうと語った。

 
 リオ・ハリアントは、サマーブレーク中に後半戦の資金を調達しなければ、参戦を継続できないものと考えられている。すでにさまざまな後任候補が推測に上っており、最近ではメルセデスのジュニアドライバーでルノーのリザーブを務めるエステバン・オコンが最有力候補なのではないかと考えられている。
 
 一方、マノーは後任候補について検討するなかで、マクラーレンにもコンタクトを取ったとF1iは報じており、バンドーンも候補のひとりとされている。 
 
 マノーで今季F1に参戦するかもしれないという話について、バンドーンは「うわさにすぎない」「僕は誰とも話していない」と述べている。
 しかし、チャンスがあれば今年マノーに乗りたいかと聞かれ、来季F1に参戦する上でメリットがあるのは間違いないと答えた。
 
「なんとも言えないね。ポジティブなことなのは間違いないが、ネガティブな要素もある」とバンドーンが述べたとF1iが伝えた。
 
「僕はレーシングドライバーだから、いつだってレーシングカーに乗っていたい。来年に向けていい準備になるのは間違いないだろう。特別競争力が高いクルマではないかもしれないが、それでもF1という環境の中での仕事の仕方を学べる。コースを学習できるのは大きいね。シーズン終盤には僕がGP2で走ったことがないコースが続くから、とても役立つだろう」 


本日のレースクイーン

KOBELCO GIRLS
中村比菜(なかむらひな)

F1 Photo Ranking

フォトランキング