F1 ニュース

投稿日: 2016.08.03 18:00
更新日: 2016.08.03 18:01

ウイリアムズ、バトンが欲しいと明言も「マクラーレンに振り回されるつもりはない」


F1 | ウイリアムズ、バトンが欲しいと明言も「マクラーレンに振り回されるつもりはない」

 マクラーレン・ホンダのジェンソン・バトンが来年ウイリアムズに移籍する可能性があるという推測のなか、ウイリアムズのチーム副代表クレア・ウイリアムズが、バトンへの関心をはっきりと認めた。しかし、来季ドライバーラインアップを決めるにあたり、いつまでもマクラーレンとバトンの決断を待ち続けるつもりはないという。

 
 バトンとチームとの現在の契約は今年末までとなっており、マクラーレン・ホンダは、フェルナンド・アロンソのチームメイトとしてバトンを継続するか、新たに現リザーブドライバーのストフェル・バンドーンを昇格させるかの選択をする見込みだが、それに関する協議は9月まで行わない予定だ。
 
 一方、フェリペ・マッサとバルテリ・ボッタスのペアで3年間戦ってきたウイリアムズは、来年はラインアップを変更する可能性を検討している。
 
 ウイリアムズとバトンはすでに交渉を行っているといわれているなか、バトンの来季加入についてPress Assoication Sportから聞かれたクレアは「素晴らしいストーリーだと思います」と答えたとF1公式サイトが伝えた。
 
「ですが彼(バトン)は自分自身のために正しい選択をする必要があります。私たちもチームのために正しい選択をする必要があります」
 
「彼は走行中も、それ以外においても、素晴らしい才能を持っています。私たちには彼のようなドライバーが必要です」
 
「でも、私たちはドライバーラインアップを決定しなければなりません。ロン・デニスが決断するのを、あるいはジェンソンが決断するのを、じっと待ち続けているつもりはありません」
 
「他の人々の動きは重要ではありません。ただ待ち続けるという考え方は私たちチームにとって正しいことではないので、そうする気はありません」


本日のレースクイーン

KOBELCO GIRLS
中村比菜(なかむらひな)

F1 Photo Ranking

フォトランキング