F1 ニュース

2018.08.29

F1 Topic:約20馬力相当のパワーでメルセデスを引き離したフェラーリの“合法トリック”


F1 | F1 Topic:約20馬力相当のパワーでメルセデスを引き離したフェラーリの“合法トリック”

 そこで考えられているのが、電子制御装置だ。現在のF1マシンには3つの電子制御装置が搭載されている。

 1つは車体の制御を行うECU(エレクトロニックコントロールユニット)、2つ目がエンジンの制御を行うECU(エンジンコントロールユニット)、そして3つ目がMGU-H(熱エネルギー回生システム)とMGU-K(運動エネルギー回生システム)によって得られたエネルギーを貯蔵するCE(コントロールエレクトロニクス)である。

 車体とエンジンの制御を行うECUは、マクラーレン・アプライド・テクノロジーズ(MAT)製で、標準ECUとして全チームに供給されている。高圧の電力を出し入れするCEはPU(パワーユニット/エンジン)マニュファラクチャーが準備している。

 あるエンジニアに聞くと、4メガジュールを測定しているのは高圧系のCEだけなので、フェラーリはCEとECUを使い分けているのではないかという。つまり、2つ目のバッテリーはエンジン側のECUによって、出し入れされているのではないか。

 では、なぜそこまでわかっているのに、ほかのPUマニュファラクチャーは追随しないのか? 問題は2つ目のバッテリーにどうやってエネルギーを貯めるのかだ。

 ホンダの田辺豊治F1テクニカルディレクターも「単純に乾電池をくっつけて、速くするというわけにはいかない」と、眉間にしわを寄せる。

 したがって、2018年シーズン中の導入は難しいとしても、「それで速くなっているのであれば、みんな使うでしょう」(田辺TD)と、2019年シーズンに向けて、この分野の開発が急務となる。

 あるレース関係者は言う。

「通常のパワーユニットは4メガジュールしか使えないため、最も効果的にエネルギーを使用できるようデプロイ(エネルギーの配分)を行なっているが、フェラーリはどこでも好きなときにエネルギーを使うことができている」

 これが本当なら、イタリアGPはフェラーリの独壇場となる可能性が高い。


F1 News Ranking

本日のレースクイーン

MOTUL Circuit Lady
辻井美香(つじいよしか)

F1 Photo Ranking

フォトランキング