F1 ニュース

投稿日: 2019.05.16 15:32
更新日: 2019.05.16 16:16

【F1スペインGP無線レビュー】「ブーストボタンを使え!」フェルスタッペン、セーフティカーを味方にフェラーリを抑え込む


F1 | 【F1スペインGP無線レビュー】「ブーストボタンを使え!」フェルスタッペン、セーフティカーを味方にフェラーリを抑え込む

 その矢先、ターン1〜2でランス・ストロール(レーシングポイント)とランド・ノリス(マクラーレン)がクラッシュし、マシンと路面に散乱したグラベルが走行の妨げになったためセーフティカーが導入された。

 これで3番手ルクレールと4番手フェルスタッペンのギャップが帳消しになり、フレッシュなタイヤで攻められては勝ち目なしと判断したルクレールは一旦は3番手の座を捨ててピットに飛び込みソフトタイヤに交換した。

フェルスタッペン:リスタートの時もパワーモードを使える?

レッドブル:あぁ、モード6にしてくれ。それとブーストボタンも使え

2019年F1第5戦スペインGP マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)
2019年F1第5戦スペインGP マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)

 フェルスタッペンはセーフティカーを味方に付け、そこからは実力で後方のベッテルとルクレールを抑え込んで開幕戦以来となる3位表彰台を獲得した。しかしセーフティカーがなければコース上でルクレールを逆転できたかどうかは分からない。

 そして1-2フィニッシュを果たしたメルセデスAMGは、リスタートの際には不要にリスクのあるバトルは避けるよう各ドライバーに指示が出されていた。前戦アゼルバイジャンGPでのレース終盤のバトルについてチーム内で取り決めがなされたばかりだったからだ。

メルセデス-ボッタス:クリーンなスタートをしてくれ。ストラット5。ターン1へのブレーキバランス調整を忘れるな

メルセデス-ハミルトン:よくやったぞルイス! 素晴らしいドライビングだった。最高の1日だった。スタートも素晴らしかった。“Mad dog(狂犬)”、まさにその言葉がピッタリだったね」

 結局ハミルトンが独走で今季3勝目。対照的にフェラーリは表彰台すら獲得することができずにレースを終えた。マシンパッケージの速さもさることながら、チームとしての総合力の差がはっきりと現われたスペインGPの決勝だった。

F1第5戦スペインGP 優勝はルイス・ハミルトン、2位バルテリ・ボッタス、3位マックス・フェルスタッペン
F1第5戦スペインGP 優勝はルイス・ハミルトン、2位バルテリ・ボッタス、3位マックス・フェルスタッペン
2019年F1第5戦スペインGP マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)が3位表彰台を獲得
2019年F1第5戦スペインGP マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)が3位表彰台を獲得


本日のレースクイーン

2020 Team TOYO TIRES DRIFT GALS
安西茉莉(あんざいまり)

F1 Photo Ranking

フォトランキング